クーベルのステンレスフライパン

クーベルのステンレスフライパン

kübellのフライパンはステンレス製には珍しい色付き。
「銀ピカの方がプロっぽい!」「色付きの方がかわいい/かっこいい」どちらの意見もあると思いますが、製品企画の際に思い切って着色することを決めました。

今回はkübellのフライパンの特徴についてをご紹介します。

①ずっと使える素材

調理器具で一番重要なのが「素材」。市販のフライパンにも鉄やアルミなど素材はさまざまあるが、クーベルのフライパンでは多層鋼ステンレス(※)を採用した。

画像2

決め手は「丈夫さ」、ステンレスフライパンは一生モノの道具だ。鉄フライパンも永く使える素材であるが、日々の手入れが必要だ。錆びやすい素材なので使用後は表面に油を塗る作業が必要となる。慣れてしまえばなんてことない作業だが、未だに慣れないので我が家のキッチン戸棚の奥底にには鉄フライパンが眠っている。

一方ステンレスは金属の中でも錆びにくい素材である。誤解している人も多いが錆びないわけではなく、条件が揃えばしっかり錆びるので注意は必要だ。

クーベルでは「家族」がコンセプトの重要な要素であり、その家族との思い出を大きな手間を掛けずにしっかり刻めるよう一生モノ素材のステンレスを選んでいる。

※ 多層鋼ステンレス
ステンレスの他に異なる素材を挟んだもの。クーベルでは2種類の異なるステンレスの間にアルミニウムを挟んでいる。

②無加工の安心感

画像4

家庭で使われているフライパンは表面にフッ素樹脂加工が施されているものも多い。食材がくっつきにくく調理・洗い物の手間を減らしてくれるありがたい存在だ。

ところがこのフッ素樹脂は高温になると有毒なガスを発生する。普通の使い方をしている分には問題ないが、過度な空焚きなどは気を付けなければならない。クーベルのフライパンは表面にフッ素樹脂加工を行っていない。しっかりと予熱をする必要はあるが、毎日安心して家族へ料理を振る舞うことができるはずだ。

③気軽に使える色

市販のステンレスフライパンは着色されていないものが大半。「プロっぽい」というイメージがぴったりの高級感ある見た目に憧れを持つ人も多いと思う。ところが家庭にある調理器具はなにかしら色付けがされているものが多いのではないだろうか?実際うちフライパンも銀ピカのものはひとつもない。

画像3

そこでステンレスフライパンの"ウリ"である銀ピカのカッコよさを捨て、黒/赤の塗装をすることにした。金属の無機質さがなくなり普段過ごしている食卓によく馴染む。料理の際に自然と手を伸ばしてしいたくなる身近な道具となった。

-------------------------------------------------------

kübellのフライパンはステンレスフライパンをはじめて手にする方にも使いやすいよう設計してあります。ぜひお試しください。