ブログ

【代表インタビュー】kübellの立ち上げからフライパン開発秘話まで

【代表インタビュー】kübellの立ち上げからフライパン開発秘話まで

こんにちは! kübell スタッフのモチヅキです。 フライパンの販売や発送業務を担当することになったのですが、ECサイトではクーベルの良さが伝えきれていないと感じていました。そこで、代表の宮﨑にインタビュー形式でブランドやフライパンについて根堀り葉掘り聞いてみることにしました。 それではよろしくお願いします!まずは簡単に自己紹介をお願いします。 kübellというキッチンウェアブランドを運営しています、株式会社CAMPWILLの宮﨑です。家では一児のパパもしています。 「キャンプ」とついていますが、キャンプの会社ですか?なんでフライパンを売っているのでしょう? はい。キャンプ場の運営を行うために作った会社で、3年前に東京から拠点を移して立ち上げました。事業をやる前から分かっていたのですが、キャンプ場ってGWや夏休み以外は暇なんですよね。 新しいことをするのが好きってこともあり、もう一つ事業を立ち上げようと思いキッチンウェアを作って販売することにしたんです。ちなみに『kübell』というブランド名は「薪を焚べる」から来ているんです。 キッチンウェア事業ってキャンプ場と繋がりが無いように思いますが、何かきっかけがあったんですか? 自分に子どもができたことが大きいです。ぼくは男3人兄弟の真ん中で実家は自営業だったんですけど、両親は基本的に土日も働いていました。周りの家は週末に家族で出掛けたりしていましたが、うちにはそういった文化がなくて。年に一度夏休みに家族でキャンプに行くのが一番のイベントでした。 キャンプいいですよね!私も子どもの頃よく連れて行ってもらいました。 中学に入る頃には部活が忙しかったり親と行動するのが恥ずかしかったりでそうしたイベントもなくなりました。そこからはいわゆる反抗期ってやつですね。非行に走ったわけではないですが、とにかく親と距離を置いていました。 他の家庭だとそうした時期はありつつも大人になるにつれほぐれていくのかも知れませんが、ぼくは未だに引きずってます。今でも親と話すのは気乗りしない。。笑 おお、そうなんですね。。 変化があったのは結婚のタイミングです。パートナーの家族はとにかく仲が良くて、本当にずっと話してます。家族みんなで会話しながら食事する、ぼくが経験してこなかった光景だったのでとても新鮮に感じました。その後子どもが生まれ、これからどんな家庭を築いて行きたいかと考えたときに、思い浮かぶのはやはりパートナーの家庭のような姿でした。 美味しい料理を囲むことで自然を会話が生まれる光景を作りたいと思い、自分が使いたくなる、一緒に思い出を重ねていきたくなるキッチンウェアを作ろうとクーベルをはじめたんです。 クーベル最初の製品はフライパンですが、なぜフライパンだったんですか?鍋とかまな板、お皿とかキッチンウェアって色々ありますよね。 フライパンが一番利用頻度が高いからです。フライパンの基本的な機能は「焼く」だと思うのですが、「煮る」「揚げる」と比べて圧倒的にシンプルですよね。ぼくは男性の中ではそこそこ料理をする方だと思うのですが、それでも調理の時間や後片付けに面倒くささを感じます。レシピに迷った時「フライパンひとつでできる!」レシピをよく見るように、料理をする際に一番ハードルが低い道具はフライパンでは、と。 思い出を重ねていけるようなフライパンをつくりたかったので、永く使えるというのが大事な要素でした。 フッ素樹脂加工(テフロン)も便利なのですが、剥がれてしまうと買い替えが必要になってしまうし、加熱しすぎると有毒ガスが発生する危険性もあるので無加工のステンレスフライパンを作ることにしました。 なるほど。でもステンレスって珍しい気がします。鉄なら使ったことありますけど。 実はぼくもステンレスのフライパンって使ったことなかったんです、ただ色々な材質を試す中であれ?ステンレスめっちゃよくない?って。 鉄も考えたのですが、使用後に油を塗る必要があり毎日使うには不便に感じてしまいます。他にもホーローなどありますが、ガラス質なので割れてしまう可能性もありガシガシ使えないんですよね。 たしかに、鉄のフライパンは手入れが面倒で続かなかったし、ホーローもヒビが入ってしまって泣く泣く処分した経験があります。 クーベルのフライパンに使っているのはステンレス1種類だけでなくアルミを間に挟んだ「アルミクラッド三層鋼」と呼ばれるものです。ステンレスは丈夫で保温性が高く調理には理想的な素材なのですが、重いという欠点があります。そこで軽さに優れたアルミを挟み利点はそのままに欠点を減らすことができます。 そしてガスはもちろんIHにも対応しているのでどんなご家庭でも使えますし、ステンレスは熱効率がよく普段の料理がワンランク上の仕上がりになるんですよ。 なるほど!ステンレスの良さは分かりましたがクーベルのフライパンは他のフライパンとどう違うんですか? 一般的なステンレスフライパンって銀ピカのプロが使うような見た目なんですよ。カッコよくて憧れるのですが、自分で持つかと聞かれると「いやいやただの素人ですので、、」となってしまいます。普通の人が使うには敷居が高いんですよね。 せっかく作るなら毎日自然と手に取りたくなるようなものにしたいと考え、思い切って色を塗ることにしました。ちなみに工場の職人さんからは「この金属の色味がいいと思うんですよねー、、(苦笑)」と言われています笑。...