フッ素加工フライパンとはどんなもの?|長持ちさせる使い方まで詳細解説

フッ素加工フライパンとはどんなもの?|長持ちさせる使い方まで詳細解説

「フッ素加工のフライパンはどんなもの?」

「フッ素加工のフライパンを長持ちさせる方法が知りたい」

フッ素加工のフライパンの購入を検討しているものの、詳細がわからずに購入できずにいるという人は少なくありません。フッ素加工のフライパンを長持ちさせる方法を知っておくことで、より長くフッ素加工のフライパンを使い続けられるでしょう。

今回は、フッ素加工のフライパンの詳細と、長持ちさせる方法を紹介します。フッ素加工のフライパンの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

 

フッ素加工のフライパンとは

フッ素加工フライパンはフッ素樹脂加工が施されたフライパンです。フライパンにフッ素樹脂加工を施すと食材がくっつきにくくなります。

非常に人気が高い種類のフライパンなので、耳にしたことがあるという人も少なくないでしょう。

油を多く使用しなくても食材が焦げ付かなくなるので、カロリーカットにもつながります。フッ素加工フライパンはカロリーを気にしている人にもおすすめのフライパンだといえるでしょう。

また、フッ素加工フライパンは表面にフッ素樹脂加工が施されているので、お手入れも非常にスムーズです。強く擦らなくてもフライパンの汚れが落とせるので、大幅な時短につながるでしょう。

 

フッ素加工フライパンのメリット

フッ素樹脂加工が施されたフッ素加工のフライパンは、かなり高い人気を誇っています。調理器具を扱うお店はもちろん、ホームセンターなどで見かける機会も少なくありません。

フッ素加工のフライパンは価格も比較的手頃なものが多いので、調理初心者の人も購入しやすいフライパンだといえるでしょう。

ここでは、フッ素加工のフライパンのメリットを詳細に紹介します。どんなメリットがあるのか知ることで、自分に合っている調理器具なのか判断がしやすくなるでしょう。

フッ素加工のフライパンのメリットをしっかり把握した上で、購入するかどうか検討してください。

  • 焦げ付きにくさとお手入れの簡単さ
  • 低油調理が可能で健康志向に適している

焦げ付きにくさとお手入れの簡単さ

フッ素樹脂加工は焦げ付きにくくお手入れがしやすい加工です。他のフライパンの中には油を馴染ませる作業が必要だったり十分に加熱してから食材を投入しないと焦げ付いてしまったりするものも多いので、かなり使い勝手が良いといえるでしょう。

また、フッ素加工のフライパンは食材が焦げ付きにくいので、お手入れも非常に簡単です。フッ素加工が施されたフライパンは強く擦らなくても汚れが綺麗に落とせるので、お手入れの時短につながるでしょう。

他の素材のフライパンと比較すると非常に扱いやすいフライパンなので、調理に慣れていない人も問題なく使いこなせます。お手入れに時間や手間をかけたくないという人に最適なフライパンだといえるでしょう。

 

低油調理が可能で健康志向に適している

健康のために、油を減らした調理を心がけているという人は少なくありません。あまり油を使いたくないと考えているものの、少量の油ではフライパンに焦げ付いてしまうので仕方なく使っているというケースが多くあります。

フッ素樹脂加工のフライパンは油を多めに使用しなくても食材が焦げ付かないので、油を使用しない、もしくはかなり少量での調理が可能です。料理のカロリーカットにつながるので、健康志向の人に最適なフライパンだといえるでしょう。

フッ素加工のフライパンは少量の油でも食材が焦げ付かないので調理が失敗しにくく、初心者でも美味しく調理できます。これから調理を始めるという人も、候補に入れておきたいフライパンだといえるでしょう。


フッ素加工フライパンの安全性

フッ素加工のフライパンは危険だという噂を耳にしたことがある人も少なくありません。小さなお子さんやペットが自宅にいる場合、安全性に関しては、特に気になる点になる点だといえるでしょう。

ここでは、フッ素加工のフライパンの安全性を紹介します。フッ素加工のフライパンの購入を検討している人は、参考にしてください。

  • PFOAフリー
  • フッ素樹脂の人体への影響

PFOAフリー

PFOAはペルフルオロオクタン酸の略称で、フッ素樹脂加工を施すために使われていたものです。PFOAは健康への影響が報告されている物質なので、フッ素樹脂加工のフライパンは危険視されていました。

フッ素加工のフライパンに使われていたPFOAは肝機能や体重減少への影響が報告されているので、フッ素加工フライパンが体に良くないと言われてしまっている原因の物質だといえるでしょう。従来のフッ素加工のフライパンはPFOAが使用されていましたが、現在では使用されていません。

フッ素加工のフライパンには体に悪影響を及ぼす物質が使われなくなったので、安心して使用して問題はないでしょう。

 

フッ素樹脂の人体への影響

フッ素樹脂加工は、通常の使い方をしている場合には体に悪影響は及ぼしません。危険だと言われてしまうのは、フライパンのコーティングが剥がれて、食材と一緒に食べてしまった場合だと言われています。

ただし、現在のフッ素加工のフライパンに使用されているPTFEは発がん性が報告されていない物質になります。そのため、樹脂コーティングが誤って口に入ってしまった場合でも、体に深刻な被害を与える心配はないといえるでしょう。

また、誤って口に入ってしまった場合も体に吸収されることはなく、排出されます。フッ素樹脂加工のフライパンが人体に影響があるのではと不安に感じている人も安心して良いでしょう。



フッ素加工フライパンを長持ちさせるための使い方

フッ素樹脂加工のフライパンは他の素材でできたフライパンよりも寿命が短い傾向にあります。長持ちさせる使い方を知っておくことで、寿命を延ばせる可能性があります。

以下の長持ちのさせ方を把握し、少しでもフッ素加工のフライパンの寿命を伸ばしましょう。

  • 使用中の注意点
  • 洗浄と保管のポイント

使用中の注意点

フッ素加工のフライパンを長持ちさせるためには、以下の点に注意しましょう。

  • 火力は「中火以下」をキープする
  • 空焚きを避ける
  • 金属製の調理道具を避ける
  • 調理後すぐに冷やさない
  • 食材を入れたまま放置しない

強い火力やフライパンの内側を削ってしまうような調理器具は、フライパンの表面のコーティングを剥がしてしまう可能性があります。

そのため、火力は中火以下を、使用する調理器具はシリコンや木製など傷がつきにくいものを選択するのが良いでしょう。

また、調理後すぐにフライパンを冷やす、また食材を入れたまま放置するというのもコーティングが剥がれてしまう原因になります。フッ素加工のフライパンの寿命を少しでも伸ばすために、しっかり対策してください。


洗浄と保管のポイント

熱い状態のフッ素加工フライパンを急に冷やすのはできるだけ避けましょう。フッ素加工が施されているフライパンの表面のコーティングが剥がれ、本来の機能を損なってしまう可能性があります。

フッ素加工のフライパンで調理をした後洗う場合には、少し冷えるのを待ってから水をかけて洗浄しましょう。

また、保管する際にはフライパンの表面に汚れが残っていないかしっかり確認してください。フッ素加工のフライパンに汚れが付着したまま放置してしまうと油が染み込んでコーティングの性能を損なってしまう可能性があります。

フッ素加工のフライパンができるだけ長く使い続けられるように、注意しながら扱いましょう。

 

フッ素加工と他の加工との比較

フッ素加工の他にセラミック加工という加工があります。フライパンが空焚き状態で高温になりすぎた場合にも人体に悪影響を及ぼす有毒ガスが出てしまう心配がなく、熱伝導率が非常に良いという特徴があります。

セラミックは遠赤外線を発する性質を持つので、食材の水分を保ったまま美味しく焼き上げられます。セラミックフライパンは野菜炒めなど素早く高温で調理したい料理に最適なフライパンだといえるでしょう。

ただし、セラミック加工はフッ素加工よりも食材が焦げ付きやすいという性質を持っているので、この点に関しては注意しなければなりません。フッ素加工とセラミック加工には異なる性質があるので、好みに応じて選択するのが良いでしょう。

 

安全で長持ちするフライパンならクーベルのステンレスフライパンもおすすめ

半永久的に使える質の高いフライパンを求めているという人はステンレスのフライパンがおすすめです。表面にコーティングが施されていないので、空焚きしてしまった場合に有毒ガスが発生してしまう心配もありません。

ステンレスフライパンの中でもkübell (クーベル)の製品が特におすすめです。金属加工で有名な新潟県燕三条市で作られた金属を使用しているので、金属の質が非常に高いといえるでしょう。

また、ステンレスフライパンは他の素材の中でも重たい傾向にありますが、kübell (クーベル)のステンレスフライパは軽量に作られています。力に自信がない人でも扱いやすいので調理初心者にもおすすめです。


フッ素加工のフライパンに関するよくある質問

フッ素加工のフライパンに関するよくある質問と回答を紹介します。フッ素加工のフライパンの購入を検討している場合はしっかり把握しておくのが良いでしょう。

以下の内容を参考にして、ふっ酢加工のフライパンを購入するかどうか検討を進めてください。

  • フッ素加工のフライパンは体に悪いですか?
  • フッ素加工フライパンは発ガン性がありますか?
  • フライパンのフッ素加工とテフロン加工の違いは何ですか?
  • テフロンとフッ素の違いは何ですか?

 

フッ素加工のフライパンは体に悪いですか?

フッ素樹脂加工が施されたフライパンは有害だと耳にしたことがある人も少なくないでしょう。体に悪影響があるのであれば購入できないと購入できずにいる人が多くいます。

フッ素加工のフライパンはコーティングが剥がれて体に取り込んでしまったとしても、ほとんど影響はありません。フライパンのコーティグの多くが体に入ってしまったとしても、影響がない程度の量であることはもちろん、全て排出されます。小さなお子さんやペットを飼育している人でも問題なく使用できます。

とはいえ、積極的に摂取したいものではないので、気になるという人は他の素材で作られたフライパンを購入するのが良いでしょう。

 

フッ素加工フライパンは発ガン性がありますか?

フッ素加工が施されているフライパンに発がん性のリスクがあると聞いたことがある人は少なくありません。発がん性物質が使われているフライパンを高い頻度で使うのは、ほとんどの人が避けたいと考えるでしょう。

一般的にフッ素加工フライパンに使われているのは、PTFEという成分になります。体に影響があり禁止されている成分とは異なるので発がん性のリスクはほとんどないといえるでしょう。

PTFEを万が一体にの中に取り込んでしまったとしても、すぐに排出されるので影響を及ぼす心配はありません。

発がん性物質が気になってフッ素加工が施されたフライパンが使えずにいるという人も安心して使用できます。


フライパンのフッ素加工とテフロン加工の違いは何ですか?

フライパンのフッ素加工とテフロン加工、どちらを選べば良いのか迷ってしまうという人は少なくないでしょう。フライパンのフッ素加工とテフロン加工にどのような違いがあるのか、理解している人はあまり多くありません。

フライパンのテフロン加工とフッ素加工、どちらも基本的には同じものになります。

テフロン加工はアメリカのデュポン社によるフッ素樹脂で加工されたものの呼称です。

対応年数はもちろん特徴にも大きな違いはないので、どちらを選択してもフッ素加工が施されているものに違いはないでしょう。

フライパンの特徴をしっかり確認した上で、自分に合っているものを適切に選択してください。

 

まとめ

フッ素加工のフライパンは、かなり人気がある種類のフライパンです。ホームセンターなどで見かけたことがあるという人も少なくないでしょう。

フッ素加工のフライパンの購入を検討する場合は、フッ素加工のフライパンがどのようなものなのか、しっかり把握しておくことが重要です。フッ素加工のフライパンの詳細をしっかり把握することで、検討が進めやすくなるでしょう。

フッ素加工のフライパンを少しでも長く使うために、長持ちさせるコツを知っておく必要があります。簡単に対策できるものばかりなので、フライパンを購入する前に知っておくのが良いでしょう。

ブログに戻る

おすすめ商品