セラミックフライパンの寿命が短すぎる?|長持ちさせるコツと失敗しない選び方

セラミックフライパンの寿命が短すぎる?|長持ちさせるコツと失敗しない選び方

「セラミックフライパンはどんなもの?」

「セラミックフライパンを長持ちさせるコツが知りたい」

セラミックフライパンの購入を検討しているものの、寿命が短すぎるという情報を知り、購入できずにいるという人は少なくありません。

セラミックフライパンを長持ちさせるコツを知っておくことで、より長くセラミックフライパンを使い続けられるでしょう。

今回は、セラミックフライパンの寿命と、長持ちさせるコツを紹介します。セラミックフライパンの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。


セラミックフライパンの寿命

ここではセラミックフライパンの寿命について紹介します。セラミックフライパンがどの程度寿命が持つアイテムなのか、事前に確認しておくのが良いでしょう。

セラミックフライパンの寿命を確認した上で、購入の検討を進めてください。

  • 一般的な寿命の目安
  • 寿命が短くなる要因

一般的な寿命の目安

セラミックフライパンの購入を検討する前にどの程度の期間使い続けられるのか寿命を知っておかなくてはなりません。

セラミックフライパンの一般的な寿命は2年程度になります。半永久的に使えるフライパンも中にはあるので、フライパンの中でもあまり長いとはいえないでしょう。

一般的に知られているコーティングが施されたフッ素加工フライパンと同じようにコーティングが剥がれたタイミングが寿命を迎えるタイミングになります。

一般的なテフロン加工のフライパンよりも価格が高いものの、両者の寿命は同程度になるのでセラミックフライパンのコストパフォーマンスは良くないと感じてしまう人も少なくありません。


寿命が短くなる要因

セラミックフライパンにはコーティングが施されているので、寿命を少しでも伸ばすためにはセラミックコーティングを少しでも長持ちさせる必要があります。以下の行動は特にコーティングを痛めてしまう可能性があるので避けるのが良いでしょう。

  • 強火で熱する
  • 油を使用しない
  • 空焚きする
  • フライパンの汚れをしっかり落とさずに収納している

上記で紹介している内容は、どれもセラミックフライパンのコーティングを剥がしてしまう可能性がある行動になります。

セラミックフライパンの寿命を少しでも伸ばすために、自分がしている行動がセラミックフライパンの寿命を縮めてしまう行動になっていないか確認してみてください。


セラミックフライパンを長持ちさせるコツ

ここではセラミックフライパンを長持ちさせるコツを紹介します。セラミックフライパンを長持ちさせるコツを知るだけで、セラミックフライパンの寿命は大幅に長くなるでしょう。

以下の内容を参考にして、セラミックフライパンの寿命を少しでも伸ばしてください。

  • 適切な火加減
  • 柔らかい調理器具の使用
  • 正しい洗浄方法

適切な火加減

セラミックフライパンの寿命を大幅に伸ばすために重要なのは、適切な火加減になります。

セラミックフライパンの表面に施されているコーティングは高温に弱いので、高温で使用してしまうと剥がれてしまう可能性があります。

家庭で作られる料理の多くは中火程度でも問題ないものがほとんどでしょう。中火程度をキープするように意識するだけで、セラミックフライパンの表面のコーティングは大幅に長持ちします。

フライパンを長持ちさせるために火加減を気をつけなければならないと知っている人は多くありません。セラミックフライパンに限らず火加減フライパンの寿命を大幅に伸ばす重要なポイントになるので知っておくと良いでしょう。


柔らかい調理器具の使用

セラミックフライパンの寿命はコーティングが長持ちするかどうかが大きく影響します。コーティングが剥がれてしまったセラミックフライパンは食材がくっつきやすくなるので、ほとんどの場合使い物にならないでしょう。

セラミックフライパンを使用する際には箸やお玉、フライ返しなどの調理器具はなるべく柔らかいものを使用するのがおすすめです。セラミックフライパン表面のコーティングを傷つけてしまうような硬い金属製の調理器具はできるだけ避けましょう。

木製はもちろんシリコン製のものなどもあるので、セラミックフライパンの寿命を少しでも伸ばしたいという人はそういったものを選択するのがおすすめです。

 

正しい洗浄方法

セラミックフライパンを少しでも長く使い続けるためには、正しい洗浄方法を知っておく必要があります。正しい洗浄方法を知ることで、セラミックフライパンの寿命は大幅に伸ばせるでしょう。

セラミックフライパンを使用した後は、すぐに冷たい水につけてしまってはいけません。表面を熱してコーティングが弱くなっているところに水をつけてしまうと、そのままコーティングが剥がれてしまう可能性があります。

また、コーティングが剥がれてしまう可能性があるので、擦る場合も優しく擦り落とすように意識してください。セラミックフライパンを洗う際にはある程度冷えてから、優しく汚れを落とすようにしましょう。

 

セラミックフライパンの選び方

セラミックフライパンの選び方を紹介します。正しい選び方を知ることで、自分の条件と合致するフライパンを選べるでしょう。

以下の内容を参考にして、自分に合っているセラミックフライパンを選定してください。

  • サイズで選ぶ
  • 重量で選ぶ
  • フライパンの基材で選ぶ

サイズで選ぶ

セラミックフライパンを選ぶ際は、まず自分が使いたいサイズを確認しましょう。調理するものが少量程度の場合は18~20cm程度のものを選択するようにしてください。

小さめのセラミックフライパンであれば軽くて扱いやすく片手でフライパンを振るのも問題ないでしょう。

一番人気がある一般的なサイズは24cm程度のセラミックフライパンになります。作りたいものが決まっていない、一番標準的なサイズのものを購入したいという人におすすめです。

 

重量で選ぶ

セラミックのフライパンはアイテムによって重さがそれぞれ異なります。一般的にセラミックのフライパンは400g〜1kg程度のものが多いので、自分の作る量や力に自信があるかどうかで選定するのが良いでしょう。

ただし、セラミックのフライパンは他の素材のフライパンよりも重たいものが多い傾向にあります。重さが重たいフライパンは取り回しが大変なので、調理に慣れていない人は特に注意しなければなりません。

あまり力に自信がないという人は、アルミなどの軽いものを選択するのがおすすめです。力には自信がないがどうしてもセラミックが使いたいという人は、なるべく軽いものを選ぶようにしましょう。


フライパンの基材で選ぶ

セラミックフライパンとはいえ、セラミック加工は表面のみになります。フライパン全体に使用されているわけではないので、その点に関しては注意しなければなりません。

セラミックフライパンのベースとなる基材は、アルミやステンレスが使用されていることが多いので、使用されている基材に関しても注目しましょう。

アルミは熱伝導が高く軽いので、力に自信がない人やサッと調理したい人に最適です。ステンレスを使用しているフライパンは、保温性が高いので高温をキープしながら調理するものに向いています。

ステンレスとアルミで迷った場合は、それぞれの特徴を理解した上で最適なものを選択してください。

 

クーベルのステンレスフライパンなら寿命が長く一生使える

ステンレスフライパンは様々なフライパンの中でも上部で半永久的に使える優秀なアイテムです。ステンレスのフライパンは調理初心者の人はもちろん、プロにも愛用されているフライパンだといえるでしょう。

数あるステンレスフライパンの中でも高品質で高い人気を誇るのがkübell (クーベル)のステンレスフライパンです。

kübell (クーベル)のステンレスフライパンは金属の街として知られている新潟県燕三条市で作られた金属を使用しているので、非常に質が高く頑丈です。

半永久的に使える質の高いステンレスフライパンを探しているという人は、kübell (クーベル)のステンレスフライパンを検討するのが良いでしょう。


セラミックフライパンの寿命に関するよくある質問

セラミックフライパンの寿命に関するよくある質問と回答を紹介します。セラミックフライパンの購入を検討している場合はしっかり把握しておくのが良いでしょう。

以下の内容を参考にして、セラミックフライパンを購入するかどうか検討を進めてください。

  • セラミック加工フライパンのデメリットは?
  • 買ってはいけないフライパンは?
  • セラミックフライパンは食材を入れっぱなしにできますか?
  • セラミックコーティングは長持ちしますか?
  • 何十年も使えるフライパンは?

セラミック加工フライパンのデメリットは?

セラミック加工のフライパンは強火に弱いというデメリットがあります。セラミック加工のフライパンは表面にコーティングが施されているので、中火程度の火力に抑えておかないといけません。

中火程度の火力を意識していても、気づいたらフライパンが高温になってしまっていたというケースも少なくありません。

セラミックのフライパンが高温になってしまった場合、中火程度を意識していたとしてもフライパン表面のコーティングは剥がれやすくなってしまう可能性があります。

火力に気をつけながら調理しなければならないという点が、セラミック加工のフライパン最大のデメリットだといえるでしょう。

買ってはいけないフライパンは?

テフロン加工が施されたフライパンは、加熱しすぎることでごくガスが発生し体に有害な物質が出るといわれています。テフロン加工のフライパンを使用する場合は、加熱しすぎに注意した上で使用するようにしましょう。

テフロン加工のフライパンは有毒物質が出ないように工夫されていますが小さなお子さんやペットを買われている場合は、少し心配になるかもしれません。

体に有害な物質が出てしまうのではと気になる場合は、テフロン加工のフライパン以外を選定するのが良いでしょう。

また、アルミを使用したフライパンも体にあまり良くないという意見があります。体への影響が気になる人は、避けておく方が良いでしょう。

 

セラミックフライパンは食材を入れっぱなしにできますか?

調理したものをそのままフライパンに入れて保存したいという人は多くいます。また、調理したものがフライパンに残っていることを忘れてしまいそのままにしていたという経験がある人も少なくないでしょう。

フッ素加工が施されているフライパンは食材を入れたままにしておくことが推奨されていませんが、セラミックのフライパンであれば問題はありません。

セラミックフライパンは食材の入れっぱなしが推奨されていないフッ素加工が使われていないので安心して使用できるでしょう。

調理した後の食材をフライパンに入れたままにしておくことが多いという場合は、セラミックフライパンを候補に入れて検討を進めましょう。

 

セラミックコーティングは長持ちしますか?

フライパンを購入する際に、どの程度寿命が維持できるのか気になるという人がほとんどでしょう。

セラミックフライパンに使われているセラミックコーティングの寿命は1〜2年程度になります。購入した当時の品質を保てるのも1〜2年程度だと理解しておくのが良いでしょう。

また、高温で使用していた等セラミックコーティングが剥がれやすくなるような使い方をしている場合は寿命はさらに短くなるかもしれません。

長く使いつづけられるフライパンが欲しいという場合は、ステンレスや銅などのフライパンを検討するのが良いでしょう。どの程度の年数使い続けたいのかによって、フライパンの素材を選定するのがおすすめです。

 

何十年も使えるフライパンは?

フライパンを購入する場合、少しでも長く使い続けられるものが良いと考える人も少なくありません。何度も買い換えるよりも、少し高価だったとしても何十年も使い続けられるものを購入する方がコストパフォーマンスも良くなるでしょう。

何十年も使い続けられるフライパンは以下の通りになります。

  • ステンレスフライパン
  • 鉄フライパン
  • 銅フライパン

これらのフライパンはお手入れ次第で10年以上使い続けられるフライパンになります。購入時のクオリティを長い期間保てるので、調理初心者だけでなくプロの中にも愛用者が多いフライパンです。

少しでも長くフライパンを使い続けたいという場合は、上記の中から選定するのが良いでしょう。

 

まとめ

フライパンは毎日の調理で活躍する重要なキッチンアイテムです。様々な素材のフライパンがあるので、どれを選べば良いのか迷ってしまうというケースも少なくありません。

セラミック加工のフライパンの寿命は1~2年程度と、他のフライパンより長いとはいえないでしょう。

しかし、長持ちするためのコツを知っておくことで、より長く快適に使える可能性があります。

また、自分に最適なフライパンを選ぶために失敗しない選び方を知っておかなくてはなりません。

セラミックフライパンを長持ちさせるコツやフライパンの選び方は簡単に対策できるものばかりなので、フライパンを購入する前に知っておくのが良いでしょう。

ブログに戻る

おすすめ商品