セラミックフライパンとはどんなもの?|メリットから選び方・使い方まで徹底解説

セラミックフライパンとはどんなもの?|メリットから選び方・使い方まで徹底解説

「健康や環境に優しいセラミックフライパンって実際のところ使いやすいの?」

「色あいがおしゃれなセラミックフライパンでキッチンを明るくしたい」

セラミックフライパンは、健康や環境に優しく、おしゃれなデザインが多いという理由で、利用する方が増えています。

しかし、一般的なフライパンからセラミックフライパンに乗り換えるにあたって、本当に乗り換えても良いのか不安になるかもしれません。

そこで、本記事では、セラミックフライパンに関するセラミックフライパンのメリットや選び方、メンテナンス方法をまとめました。


セラミックフライパンとは


セラミックフライパンは、表面にセラミックという特別な素材が使われているフライパンです。

セラミックは陶器のようなもので、とても硬くて丈夫です。

セラミックフライパンの特徴は、食べ物がくっつきにくく、簡単にお手入れができる点です。

セラミックフライパンは、食べ物がこびりつかずに焦げ付きも少ないため、少ない油で調理できてヘルシーな料理が簡単に作れます。

加えてセラミックは高温にも強いので、焦げ付きにくく、きれいに焼けます。

セラミックフライパンは食べ物がくっつきづらいので、洗い物も簡単に済ませられ、掃除が楽です。

いくつかの理由により、一般的なアルミのフライパンの代わりにセラミックフライパンを導入する方が増えています。

 

セラミックフライパンのメリット

セラミックフライパンの特徴から、セラミックフライパンを使う上でのメリットをまとめました。


一般的なフライパンにはない、セラミックフライパンならではのメリットを紹介します。


健康志向のサポート

セラミックフライパンを導入するにあたり、健康志向をサポートするという点が1つめのメリットです。

セラミックフライパンが健康志向と言われる理由は、大きく2つの理由があります。

1つ目は、セラミック素材は食材がくっつきづらく焦げづらいため、油が少ない料理が作れる点です。

もう1つの理由は、安心安全に調理できるという点です。

一般的に大量に販売されているアルミ製のフライパンは、表面にフッ素でコーティングすることで、焦げ付きや食材のくっつきを抑えています。

実は、焦げ付きや食材のくっつきを抑えるフッ素が、健康や環境に影響を及ぼす可能性があるのです。

実際のところは、説明書に記載された正しい利用方法で調理しない場合や、高温で空焚きし続けるなど、特殊なケースがほとんどではあります。

しかし、少しでも健康や環境に影響を及ぼす可能性がある製品を使うくらいであれば、フッ素加工されていない安心安全な調理ができるセラミックフライパンが選ばれるのです。


優れた熱伝導率

セラミックフライパンは、ベースがアルミ製のフライパンで、表面をセラミックでコーティングしています。

アルミ、セラミックともに熱伝導率が高いという特徴があります。

アルミは一般的なフライパンでもよく使われる素材で、使われる理由は軽くて熱伝導率が良い点です。

フライパンで使われる素材では、銅素材が一番熱伝導率は良いものの、プロ仕様の製品が多く一般には出回っておらず、お手入れも大変なため安価でお手入れが簡単なアルミが人気です。

加えて、コーティングで使われるセラミック素材も熱伝導率が高い素材です。

実は、セラミック素材には、熱伝導率の高さに加えて遠赤外線効果があります。

遠赤外線効果で、食材にムラなく熱が広がって食材のうまみを閉じ込めるため、ふっくらと美味しく仕上がるという特徴があります。


おしゃれなデザインとカラーバリエーション

セラミックフライパンは、カラーバリエーションが豊富です。

一般的なフライパンは、アルミや鉄フライパンなどでおなじみの黒ですが、セラミックの一般的なイメージは白で、白以外にもセラミック素材は明るい色合いが多いのが特徴です。

加えて外側の色を変えることでバリエーションを増やし、キッチンを明るい感じの雰囲気にしています。

明るい色で作れるセラミックフライパンは、明るい色に合わせたデザインのフライパンが多いのも特徴です。

例えば持ち手の部分は、一般的な黒色のプラスチック素材は当然として、白の持ち手でフライパンと統一感をもたせる、木製の持ち手で明るい感じにするなど、おしゃれなデザインになっています。


セラミックフライパンの選び方


セラミックフライパンは、デザイン性に優れている製品が多いものの、当然ながら調理がしやすいかどうかが一番重要です。

そこで、セラミックフライパンを選ぶ上で、気にしてほしいポイントを紹介します。


サイズと用途

セラミックフライパンを選ぶ上で、最初に考えるポイントは、サイズと用途です。

サイズはフライパンの大きさのことで、一緒に食事する人数などで適切なサイズを選びます。

例えば、一人暮らしで自炊をほとんどしない、ちょっと朝ご飯や夜ご飯を作る程度であれば、直径20〜22cm程度で問題ありません。

しかし、何日間か作り置きする、翌日のお弁当のおかずにするために少し多めに調理したい、という場合は直径24cm以上がおすすめです。

一緒に食事する人数が多い場合は、たくさんの食材を一緒に調理するため、直径26cm以上がおすすめです。

2〜3名の場合は直径26〜28cm、直径28cm以上であれば4人以上の料理が一度に作れます。

用途については、焼きや炒め物がメインの場合は深さ5cm程度の普通のフライパンで問題ありません。

煮込み料理など凝った料理を作りたい場合は、深さ8cm程度の深めのフライパンがあると便利です。

蓋付きの製品であれば、煮込みなども効率よく作れます。


重量と素材

セラミックフライパン選びにおいて、重量というのは大切な要素です。

というのも、重いフライパンというのは、安定感があります。

しかし、調理という点においては重い方が取り回しは難しく、片手であおる調理などがしづらくなります。

実際に実物を持ってみるのが一番良いのですが、ネット販売などでは実物が確認できないため、目安としてフライパンが重く感じがちな800gを基準に判断しましょう。

セラミックフライパンの重さは、同じ大きさのフライパンであっても、使われている素材によって変わります。

セラミックフライパンで使われる素材には、アルミ素材とステンレスがあります。

アルミ素材は軽くて取り回しやすいのが特徴で、ステンレス素材はアルミよりは重いものの優れた保温性から煮込み系の料理がおいしく作れます。

セラミックフライパンの素材には、アルミとステンレス素材の両方を使った「複層タイプ」があります。

素材で迷う場合は、複層タイプがおすすめです。


熱源対応

キッチンで主に使われる熱源は、ガスとIHです。

セラミックフライパンには、ガスに対応したフライパンとIHに対応したフライパン、ガスとIHの両方に対応したフライパンがあります。

ガスに対応したフライパンはIHでは使えませんし、IHのみに対応したフライパンはガスには使えません。

自分の熱源がガスなのかIHかは当然必要ですが、例えば引っ越しや熱源の変更など、住居環境が変わる場合があります。

オール熱源対応タイプであればどの熱源でも使えるため、迷うようであればオール熱源タイプを検討しましょう。


セラミックフライパンの使い方とメンテナンス

セラミックフライパンは、表面がコーティングされているため、下手に使ってしまうとすぐに寿命を迎えてしまいます。

そこで、セラミックフライパンを長持ちさせるための使い方やメンテナンス方法、コツを紹介します。


適切な火加減

セラミックフライパンは、メリットで紹介した通り熱伝導率が高く、遠赤外線効果で食材をふっくらと仕上げるため、火加減は中火以下で行います。

セラミックフライパンで強火はNGで、強火にすると熱伝導率の高さで食材が焦げ付きやすくなってしまいます。

また、強火で空焚きなどはもってのほかで、セラミックコーティングが剥がれる原因になります。

セラミックフライパンで調理する時は、中火以下で調理することを忘れないようにしましょう。


洗浄と保管のポイント

セラミックフライパンの洗浄と保管では、セラミックコーティングを長持ちさせるのがポイントです。

セラミックフライパンの洗浄のポイントは、「表面を冷ましてから洗う」です。

表面が熱いうちに水をつけてしまうと、コーティングを痛める原因になります。

どうしても熱いうちに汚れを取りたい場合は、湿らせた布などで汚れを取ります。

冷たくなってからは、中性洗剤とやわらかいスポンジで洗います。

金属たわしや研磨パッドは、コーティングを痛める原因になるので使わないようにしましょう。

頑固な油汚れを取りたい場合は、中性洗剤を入れたぬるま湯でつけ洗いがおすすめです。

保管方法で気をつけるポイントは、コーティングを傷つける保管をしないことです。

一番良い方法は、フライパンを吊るすなど、個別に保管する方法です。

個別の保管が難しい場合は、柔らかい布をフライパンの表面に使用して、重ねてもコーティングを傷つけないようにします。


長持ちさせるための注意点

セラミックフライパンで使われるセラミック素材は、「陶器」のような素材です。

セラミックで使われる陶器は、落としたりぶつけたりすると衝撃で割れてしまう場合があります。

そのため、衝撃を与えないような使い方をすることで、セラミックフライパンは長持ちします。

フライパンを落とす、ぶつけるは当然NGですが、調理器具もフライパンの表面を傷つけづらい木製やシリコン製がおすすめです。

金属製のヘラや調理器具は、コーティングが傷つく可能性があるのでNGです。

セラミックフライパンを長く使いたい場合は、丁寧に使ってコーティングを傷つけないようにしましょう。


セラミックフライパンと他のフライパンの比較

セラミックフライパン以外のフライパンでは、フッ素樹脂加工(テフロン加工)フライパンが良く使われています。

フッ素樹脂加工のフライパンは、主にアルミ製のフライパンの表面にフッ素樹脂で加工することで、食材がくっつきづらく焦げにくくしています。

フッ素樹脂加工フライパンとセラミックフライパンの違いは、耐熱性の違いです。

フッ素樹脂加工フライパンは、250度以上で熱分解が発生し、有害物質が発生するおそれがあります。

セラミックフライパンの場合、熱分解が発生する温度が400度と高く、有害物質が発生しない点が優れています。

鉄フライパンも中華料理などでよく使われるフライパンで、鉄フライパンの表面は加工されていません。

そのため、強火での調理が可能ではあるものの、食材がくっつきやすく焦げやすいという特徴があります。

食材を焦げづらくするために、鉄フライパンでは大量の油を使います。

油の量を減らしてヘルシーな料理を作りたい場合は、セラミックフライパンの方が優れています。


長期的に使用するならクーベルのステンレスフライパンがおすすめできる


実は、クーベルのステンレスフライパンは、セラミックフライパンのメリットと同じようなメリットを保ちながら、長期的に使えるフライパンです。

というのも、クーベルのセラミックフライパンで使われるステンレス素材は、しっかり予熱を行うことで、油が多い肉や魚であれば無油で調理が可能です。

加えてステンレス素材自体が熱に強く、加えて表面が無加工のため一般的な使い方であれば有害物質が発生することはありません。

デザイン性については、ステンレスの銀がキッチンに映える色で、加えて持ち手を木製にすることでおしゃれなデザインになっています。

ステンレス素材の弱点である熱伝導率の低さについては、3層構造にすることで欠点をカバーしています。

クーベルのステンレスフライパンは表面が無加工のため、汚れを落とす時に金属タワシなどで洗っても問題なく、お手入れが簡単です。

値段的には一般的なセラミックフライパンよりも高いものの、丁寧に使えば一生使えるため買い替えする必要がなく、長期的に見た場合はコストパフォーマンスに優れています。

普段使いでも問題なく使えるクーベルのステンレスフライパンは、見た目以上に価値が高いフライパンです。

 

セラミックフライパンに関するよくある質問

セラミックフライパンに関するよくある質問を、ネットなどで調査しました。

セラミックフライパンについて、気になっている部分を分かりやすく紹介します。


セラミックのフライパンは安全ですか?

セラミックフライパンは、有害物質を使わずに作られているので安全です。

加えて、セラミックフライパンは、高温で加熱しても有害物質が発生しません。

安全性を重視したフライパンを検討している方には、セラミックフライパンがおすすめです。


フライパンはセラミックとフッ素のどちらがいいですか?

セラミックフライパンをおすすめする理由は、安全性です。

一方で、フッ素加工フライパンの安全性については、目を離してしまって空焚きしてしまったなど、万が一の時に有害物質が発生してしまうものの、普通に使う分には安全に使えます。

取り扱いは、セラミックフライパンよりもフッ素樹脂加工フライパンの方が楽です。

セラミック素材は割れやすく、フッ素樹脂加工よりもより丁寧に扱う必要があります。

そのため、安全性を一番に考えるのであればセラミック、扱いやすさを一番に考えるのであればフッ素がおすすめです。


セラミックフライパンは何年くらい持ちますか?

セラミックフライパンの寿命は、1〜2年程度です。

セラミックフライパンを丁寧に使っていたとしても、毎日使っていれば表面のコーティングは剥がれてしまいます。

普通に使っていて食材がくっつきやすくなった、焦げやすくなったと感じたら寿命のため、買い替えを検討しましょう。


まとめ

セラミックフライパンは、安全性に優れたフライパンです。

例えば子供やペットがいる家庭など、安全性に気を使う方におすすめです。

一方で、使い方や後片付け、メンテナンスなどを適当に行ってしまうとすぐに寿命を迎えてしまいます。

そのため、利用用途を確認し、セラミックフライパンが本当に合うかどうかを確認した上で、購入を検討しましょう。

ブログに戻る

おすすめ商品