セラミックフライパンおすすめランキングTop5|メリットから長持ちさせる使い方まで解説

セラミックフライパンおすすめランキングTop5|メリットから長持ちさせる使い方まで解説

「セラミックフライパンの人気商品を知りたい」

「セラミックフライパンを購入したいと思ったけど、何を購入したら良いか分からない」

セラミックフライパンに興味があるけど、実際に何を購入して良いか分からないという方は多いのではないでしょうか。

そこで、本記事ではセラミックフライパンのおすすめ製品を紹介します。

セラミックフライパンの定番商品はもちろんのこと、普通のセラミックフライパンに飽きた方にもおすすめしたい商品を集めました。


人気のセラミックフライパンランキングTop5

最初に、セラミックフライパンのおすすめランキングを紹介します。

セラミックフライパンを初めて使う方におすすめできる製品はもちろんのこと、使いやすい製品や高級製品、普通のフライパンに飽きた方にもおすすめしたいフライパンまで調査しました。


1位: バッラリーニ ボローニャ フライパン

「バッラリーニ」が販売している ボローニャ フライパンは、セラミックフライパンとしての機能を必要十分に備えた製品です。

デザインは表面と外側が白で統一されていて、食材をフライパンのまま出しても問題ないという、実にセラミックフライパンらしい製品です。

バッラリーニ ボローニャ フライパンの大きさは直径24cmと少し小さめサイズで、一緒に食事する人が1〜2人程度の方にぴったりです。

はじめてセラミックフライパンを使ってみたい、という方にはおすすめしたいフライパンです。


2位: アイリスオーヤマ セラミックマルチパン

アイリスオーヤマ セラミックマルチパンは、日本メーカーらしく細かいところに手が届くセラミックフライパンです。

デザインは、表面は白で外側はピンク、黄色、緑で、取っ手の部分は外せる仕様のため、収納が楽です。

アイリスオーヤマ セラミックマルチパンの特徴は深さ8cmで、焼く、炒める以外にも煮る、茹でる、蒸す調理が可能です。

水差しがしやすい専用のフタが用意されている点も、アイリスオーヤマ セラミックマルチパンの特徴です。

アイリスオーヤマ セラミックマルチパンの直径24cmと直径26cmが展開されている点も、使い勝手にこだわった日本メーカーらしい仕様です。


3位: GSW セラミックフライパン

GSW セラミックフライパンは、ドイツの高級調理器具メーカーのGSWが提供している世界基準のフライパンです。

フライパンの内側は白を基調に黒の斑点で高級感があり、外側は黒色で普通のフライパンのような感じです。

GSW セラミックフライパンの特徴は、一般的なセラミックフライパンよりも耐熱温度が高いことによる高温調理です。

加えてセラミックフライパンとしての安全性や耐久力が世界基準、食材がくっつきづらいという特徴があります。

直径は28cmと大きめで、4名以上のファミリーでも1回の調理で人数分作れるサイズです。

GSW セラミックフライパンは、普段使いはもちろんのこと、調理道具にこだわりたいという方におすすめです。


4位: 京セラ セラフォート CFF-G26A-BBR200

京セラが販売しているセラフォート CFF-G26A-BBR200というフライパンは、一般的なセラミックフライパンとは毛色が違うフライパンです。

京セラ セラフォート CFF-G26A-BBR200のポイントは、一般的なセラミックフライパン以上の焦げ付きづらさと、セラミックの遠赤外線効果の両立です。

というのも、セラミックは素材として使われており、セラミック素材とダイヤモンド、アルミニウムの3層構造です。

フライパンの表面は、一般的なフライパンでも使われているフッ素樹脂でコーティングされています。

京セラ セラフォート CFF-G26A-BBR200は、フッ素樹脂加工フライパンの進化系フライパンです。


5位: WMF セラデュール プロフィ

WMF セラデュール プロフィは、ドイツNo.1ブランドのWMFが販売しているステンレスフライパンです。

素材はステンレスを使った3層構造で、間にアルミを挟むことで熱伝導率を上げており、表面にセラミックコーティングが施されています。

フライパンの内側は黒色で、外側はステンレスのシルバーと一般的なセラミックフライパンのイメージとは異なります。

普通のフライパンに飽きた方や、保温性の高いステンレス素材を活かした料理を作りたい方におすすめです。


セラミックフライパンのメリット

セラミックフライパンのランキングを紹介したところで、セラミックフライパンが他のフライパンとは違う点を調査しました。

なぜセラミックフライパンが選ばれるのか、セラミックフライパンのメリットを紹介します。


焦げ付きにくさ

セラミックフライパンは、フライパンの表面にセラミックコーティングを施すことで焦げ付きにくくしています。

フライパンに使われるコーティングとしてはフッ素樹脂加工(テフロン加工)が有名ですが、フッ素樹脂加工もセラミック加工と同じく食材がフライパンにくっつきづらく、焦げ付きづらくしています。

コーティングすることで、料理初心者でも料理を焦がさず調理できるようにしているのです。


有害物質を含まない

フライパンのコーティングではフッ素樹脂加工が良く使われており、マーブルコートやダイヤモンドコート、チタンコートもフッ素樹脂加工の一種です。

セラミック加工はフッ素樹脂が使われていないコーティング方法で、セラミックが注目されている理由は有害物質を含まない点です。

というのも、フッ素樹脂加工は耐熱温度が250度と低めに設定されており、250度を超えると有害なガスが発生する場合があります。

普通に使う分には問題ありませんが、高温で空焚きしてしまったなど説明書に書かれた使い方をしなかった時にリスクがあります。

セラミック加工の場合は耐熱温度が400度と高く、熱分解しても有害物質が発生しない点が優れています。


お手入れの簡単さ

セラミックフライパンは、お手入れも簡単です。

例えば、鉄フライパンの場合は焦げなどがくっつきやすく取れづらいため、しっかりと汚れを落とす必要があります。

加えて鉄フライパンには日々のお手入れが必要で、使い終わって汚れを落とした後に、フライパンの表面に油を染み込ませる(シーズニング)作業が必要です。

セラミックフライパンは、油をフライパンの表面温度が低くなったことを確認して、中性洗剤とスポンジで汚れをしっかり取り、フライパンが乾いたら収納するだけです。


セラミックフライパンの正しい選び方

セラミックフライパンと一口に言っても、細かい部分の仕様はフライパンによって異なります。

そのため、高いセラミックフライパンを購入したとしても、自分に合わない可能性があります。

そこで、セラミックフライパンの正しい選び方を紹介します。


基材で選ぶ

セラミックフライパンは、アルミやステンレスなどをベースに表面をセラミックでコーティングしています。

セラミックフライパンの基材というのは、アルミやステンレスなどを指していて、基材によって特徴が異なります。

アルミ基材はフライパンの中でも一般的な基材で、軽量で熱伝導率が高いという特徴があります。

ステンレス基材の特徴は、アルミよりも丈夫で長持ち、熱伝導率は低く保温性が高いため、余熱調理が可能です。

セラミックフライパンには、アルミ基材とステンレス基材の良いとこ取りをした「複層タイプ」があります。

複層タイプは、アルミとステンレスを重ねた基材で、ステンレスの保温性はそのままに、ステンレスよりも熱伝導率が高く、ステンレスよりも軽くなっています。

アルミ基材とステンレス基材のどちらが良いか迷う場合は、複層タイプを検討しましょう。


サイズと用途で選ぶ

セラミックフライパンには様々なサイズがあり、直径20cm程度の小さいサイズから直径28cm以上の大きいサイズがあります。

大きさに迷う場合は、直径24〜26cm程度が2〜3人程度の料理を一度に作れる大きさで、扱いやすいサイズです。

4名以上の料理を一度に作りたい場合は28cm、一人暮らしなどであまり料理しない場合は22cm以下を検討しましょう。

用途というのはセラミックフライパンで行う調理方法で、焼くや炒める以外に煮るや蒸す、茹でる調理も行いたい場合は深さがあるフライパンがおすすめです。


熱源への対応可否で選ぶ

セラミックフライパンでは、ガス用とIH用、ガスとIHの両方対応したオール熱源タイプがあります。

キッチンの熱源がガスであればガス用、IHの場合はIH用を購入すれば良いのですが、実は両方の熱源を使っているケースがあります。

例えば、キッチンはIHを使っているものの、鍋などをカセットコンロで行う場合は、両方の熱源に対応したオール熱源タイプが必要です。

もう1つのケースとして、直近で引っ越しを控えている方や転勤などが多い場合、引越し先の熱源が変わる可能性があるためオール熱源タイプであれば安心です。


デザインとカラーで選ぶ

デザインやカラーにこだわったセラミックフライパンは、「魅せる」調理道具としてインテリアになります。

加えて、デザインやカラーが良いセラミックフライパンは、料理するモチベーションを高めるのに役立ちます。

セラミックフライパンの特徴は、一般的なフライパンと比べてデザインや色に凝っているフライパンが多いことです。

セラミックフライパンの白を基調としたカラーを中心に、素材によっては黒やシルバーもあります。

セラミックの白を活かして明るいデザインが多いのも、セラミックフライパンの特徴です。


セラミックフライパンを長持ちさせるおすすめの使い方

セラミックフライパンは、表面のセラミック加工が剥がれて焦げ付きやすくなったら買い替え時期です。

セラミック加工が剥がれないような使い方をすることで、セラミックフライパンは長持ちします。

セラミックフライパンの寿命を伸ばし、長持ちさせる使い方を紹介します。


適切な火加減

セラミックフライパンは焦げづらいという特徴がありますが、熱が伝わりやすいため、強火で調理してしまうと焦げる原因になります。

そのため、セラミックフライパンの火加減は中火以下で使うようにしましょう。

セラミックフライパンを使う際のコツとして、少量で良いのでしっかり油を使いましょう。

少量の油を使うことで食材がくっつきづらくなり、火の通りが良くなるため、ふっくら美味しく仕上がります。


柔らかい調理器具を使う

セラミックフライパンのセラミック加工を長持ちさせるためには、柔らかい調理道具を使いましょう。

柔らかい素材としては、木製やシリコン、ナイロン素材の調理道具があります。

金属製の調理器具はセラミック加工を傷つけてしまう場合があるため、おすすめしません。

セラミックフライパンをお手入れする際も、金タワシやスチールウールは使わずに柔らかいスポンジを使いましょう。


急冷を避け、重ねて保管しない

セラミック加工は急激な温度変化に弱く、調理直後で熱々のフライパンを冷たい水などで冷やした場合、セラミック加工にダメージを与えてしまいます。

そのため、セラミックフライパンを洗いたい場合は、自然に冷めるのを待ち、手で触れる程度に冷めたのを確認してから洗いましょう。

セラミックフライパンをしっかり洗った後の保管では、セラミック加工を守るために他のフライパンや調理器具などと重ねずに保管しましょう。

どうしても重ねて保管したい場合は、布などでセラミック加工を守るようにしましょう。


セラミックフライパンのおすすめランキングに関するよくある質問


セラミックフライパンを使うにあたって、よくある質問を調査しました。

セラミックフライパンを検討している方は、ぜひ一度目を通しましょう。


セラミックフライパンの欠点は何ですか?

セラミックフライパンの欠点は、強火調理ができない点と寿命があるという点です。

強火調理してしまうと、熱伝導率の高さから焦げやすくなり、セラミック加工の劣化につながります。

加えて、どれだけ大切に扱ったとしても、フライパンを使っていればセラミック加工は劣化し、最終的にはセラミック加工が剥がれてしまいます。

正しい使い方で調理していても、食材がくっつきやすく焦げやすくなってきたと感じる場合は、セラミックフライパンの寿命です。


セラミックフライパンの寿命はどれくらいですか?

セラミック加工の寿命の目安は、普通に使った場合は約1〜2年です。

加えて、セラミックはもともと「陶器」で使われる加工技術で、衝撃などでセラミック加工が劣化する場合があります。

使い方によっては1年もたない場合もあるため、セラミックフライパンを使う場合は、長持ちさせる使い方で紹介した使い方で丁寧に扱いましょう。

 

セラミックフライパンは食材を入れっぱなしにできますか?

セラミックフライパンでは、食材を入れっぱなしにできます。

セラミック加工は安全な物質が使われているため、入れっぱなしにしても悪影響はありません。

ただし、ずっと入れっぱなしにしてしまうとセラミック加工が劣化する場合があるため、タイミングを見計らってお皿などに移すようにしましょう。


まとめ


本記事では、セラミックフライパンのおすすめランキングを紹介しました。

セラミックフライパンの特徴として、焦げ付きづらさや安全性にすぐれているというメリットがある反面、セラミック加工が劣化することによる寿命があり、数年に一度買い替えるというデメリットがあります。

クーベルのステンレスフライパンは、セラミックフライパンのメリットである焦げ付きづらく安全性に優れているに加え、表面が無加工のため丁寧に使えば一生涯使えるフライパンです。

クーベルのステンレスフライパンは、ステンレス素材の特徴である丈夫で長持ち、保温性に優れているというメリットはそのままに、多重構造でアルミを挟むことで熱伝導率も高めています。

加えてフライパンの表面が無加工のため、金属の調理器具を使っても問題なく、焦げなどは金タワシでゴシゴシ落とせます。

鉄フライパンのような細かいお手入れが必要なく、普通のフライパンと同じように扱えます。

普段遣いできるのは当然として、調理道具を大切にし、長く使っていきたいという方にはクーベルのステンレスフライパンもぜひ検討しましょう。

ブログに戻る

おすすめ商品