ステンレスフライパンは「最強」のフライパン?選び方からおすすめのフライパンまで紹介

ステンレスフライパンは「最強」のフライパン?選び方からおすすめのフライパンまで紹介

「ステンレスフライパンはどんなものなの?」

「ステンレスフライパンの選び方を知りたい」

ステンレスフライパンの購入を検討しているものの、違いがよくわからず購入できずにいるという人は少なくありません。ステンレスフライパンの選び方を知っておくことで、自分に最適なステンレスフライパンを購入できるでしょう。

今回は、ステンレスフライパンの詳細と選び方を紹介します。ステンレスフライパンの購入を検討している人は、ぜひ参考にしてください。


ステンレスフライパンが「最強」と言われる理由

ここではステンレスフライパンが最強だといわれている理由を紹介します。ステンレスフライパンの購入を検討する前に、ステンレスフライパンの魅力を理解しておきましょう。

以下で紹介している内容を確認して、ステンレスフライパンの購入検討を進めてください。

  • 耐久性の高さ
  • 多層構造
  • オーブンにも対応

耐久性の高さ

ステンレスフライパンは非常に耐久性が高いという特徴があります。ステンレスフライパンは他のフライパンよりも耐久性が高いので、購入時のクオリティが長く維持できるでしょう。

ステンレスフライパンユーザーの中には、10年以上使い続けているという人も少なくありません。頻繁にフライパンを買い換える必要がないので、フライパンを長く使い続けたいと考えている人におすすめです。


多層構造

ステンレスフライパンは、多重構造のものが多くあります。底面だけ多重皇族になっているものがほとんどですが、中には全面多重構造のものも存在しています。

全体に多重構造が張り巡らされているものは、価格が若干高額になりますが、熱を非常に効率的に伝えられるのでより料理が美味しく仕上げられるでしょう。

ステンレスフライパンを購入する場合には、多重構造が採用されているかどうか確認しておいてください。

オーブンにも対応

ステンレスのフライパンはオーブンにも対応しています。オーブンで使用できるフライパンはあまり多くないので、かなり貴重だといえるでしょう。

ステンレスフライパンはオーブンを使用した料理を多く作るという人に、特におすすめです。

ステンレスのフライパンはオーブンに対応できるほどの、耐熱性を誇っています。加熱しすぎてフライパンが高温になった場合も、ほとんど問題はないでしょう。

「最強」のステンレスフライパンの選び方

ステンレスフライパンは数多く存在しています。種類がかなり多いので、どれを選択すれば良いのか迷ってしまうかもしれません。

ここでは最強のステンレスフライパンの選び方を紹介します。以下で紹介している選び方を参考にして、最強のステンレスフライパンを選択してください。

  • サイズと重量で選ぶ
  • 熱源で選ぶ
  • コーティングの有無で選ぶ

サイズと重量で選ぶ

ステンレスフライパンを選ぶ際には、サイズと重量をまず確認する必要があります。フライパンを選定する際には、料理の量に応じて選定するのが良いでしょう。

1〜2人程度の量が多い場合には20〜24cm程度のものを、大人数で使用する場合には26cm以上のものを選択するのがおすすめです。

ステンレスのフライパンはサイズが大きくなればなるほど重さも重くなるので、フライパンの扱いに慣れていない人は、特に注意しなければなりません。調理に慣れていない人は、20cm程度の小さくて軽いものを選択するのが良いでしょう。

熱源で選ぶ

ステンレスフライパンを選ぶ際には、熱源もチェックしておきたい重要なポイントになります。対応している熱源はフライパンによって異なるので、注意が必要です。

特にIHに対応していないステンレスフライパンが多いので、事前にしっかり確認しておかなくてはなりません。

IHに対応しているステンレスフライパンは、基本的にはガス火にも対応しています。IHとガス火の両方に対応しているステンレスフライパンを選んでおくと、生活環境が変わって熱源が変わった場合でも安心できるでしょう。

コーティングの有無で選ぶ

ステンレスフライパンの中にはコーティングが施されているものと、施されていないものがあります。コーティングが施されているものは食材がくっつきにくくなりますが寿命が少し短めになり、施されていないものは食材がくっついてしまうリスクがあるものの寿命が長めの傾向があります。

コーティングの有無を確認せずに購入してしまい、後から後悔してしまったというケースも少なくありません。

ステンレスフライパンのコーティングの有無はフライパンによって異なるので、好みに合わせて事前に確認した上で購入の検討を進めましょう。

おすすめできる「最強級」のステンレスフライパン5選

ここでは数あるステンレスフライパンの中でも特におすすめできる最強のステンレスフライパンを5つ紹介します。紹介しているフライパンはどれも使い勝手が良いものなので、どれを選んでも満足できるでしょう。

自分に最適なステンレスフライパンがどれになるのか、以下の内容を参考にして検討を進めてください。


  • クーベル:一生モノのステンレスフライパン
  • ティファール:インジニオ・ネオ IHステンレス・アンリミテッド セット9
  • 宮崎製作所:ジオプロダクト | ソテーパン | GEO-21ST
  • ビタクラフトジャパン:フライパン | No.8674
  • ビタクラフトジャパン:ビタクラフト | プロ フライパン | 0314

クーベル:一生モノのステンレスフライパン

数あるステンレスフライパンの中でも特におすすめなのがkübell (クーベル)のステンレスフライパンです。kübell (クーベル)は金属の本場として知られている新潟県燕三条市で作られている金属を使用しているフライパンメーカーで、質の高い金属を使用したフライパンが手に入るので、素人はもちろんプロの中にも愛用者が多くいます。

kübell (クーベル)で取り扱われているステンレスフライパンは、他のステンレスフライパンよりも軽い傾向にあります。調理に慣れていない、もしくは力に自信がない人でも問題なく使いこなせるでしょう。


ティファール:インジニオ・ネオ IHステンレス・アンリミテッド セット9

ティファールは老若男女問わず知られている、人気メーカーです。店舗数もかなり多いので、目にしたことがあるという人も少なくないでしょう。

インジニオ・ネオ・IHステンレス・アンリミテッドセット9は高い知名度と人気を誇るティファールが提供しているフライパンです。

ハードクリスタル層を使用し摩耗耐久性を極限まで強化しているので、購入時の使用感が長く続けられるでしょう。

インジニオ・ネオ・IHステンレス・アンリミテッドセット9は長く使い続けられるステンレスフライパンを探しているという人におすすめのフライパンです。

宮崎製作所:ジオプロダクト | ソテーパン | GEO-21ST

宮崎製作所のソテーパンはかなり高い人気を誇っているステンレスフライパンです。アルミニウムとステンレスの7層構造になっているので、熱が側面にも伝わりやすく少ない油でも問題なく調理できます。

油の量を減らして調理できるので、カロリーカットにも一役買ってくれるでしょう。

ソテーフライパンの中のウォーターシール効果で、蓋をすれば無水調理も可能になります。食材の水分を活かした調理が可能になるので、より本格的な料理が楽しめるでしょう。

オールステンレスなので、そのままオーブンに入れることも可能なので、オーブン料理に挑戦したいという人にもおすすめです。

ビタクラフトジャパン:フライパン | No.8674

ビタクラフトジャパンのステンレスフライパンはハンドルにフックがついた、ミラー仕様のフライパンです。シンプルながらも美しいデザインのフライパンなので、見た目も重視したいという人におすすめだといえるでしょう。

熱しにくく冷めにくいステンレスとすぐに冷めるアルミニウムを重ねているので、熱しにくく冷めやすいように作られています。ステンレスの弱点をうまくカバーしている使いやすいフライパンだといえるでしょう。

焼く調理はもちろん、煮る・炊く・蒸すなど様々な調理に使用できる優秀なフライパンです。

ビタクラフトジャパン:ビタクラフト | プロ フライパン | 0314

ビタクラフトジャパンのステンレスプロフライパンはその名の通り、プロの調理に対応できるように作られたモデルです。かなり高い耐久性を誇るアイテムなので、かなり長く使い続けられるでしょう。

ビタクラフトジャパンのステンレスプロフライパンは熱しやすく冷めにくいように作られているステンレスフライパンで、底面だけではなく側面にも効率良く均一に熱が伝わります。ビタクラフトジャパンのステンレスプロフライパンは余分な油を使用せずに調理を進められるので、健康を意識した調理を目指しているという人におすすめです。

ステンレスフライパンの最強さを保つ使い方・メンテナンス

最強のステンレスフライパンをなるべく長く快適に使うための使い方やメンテナンス方法を紹介します。お手入れ次第でステンレスフライパンの寿命は大幅に伸ばせるので、購入前に確認しておくのが良いでしょう。

以下の内容を参考にして、ステンレスフライパンを少しでも長く快適に使い続けられるように工夫してください。

  • 使用前の準備
  • 日常のお手入れ
  • 長持ちさせるためのコツ

使用前の準備

ステンレスフライパンを使用する際には、使用する前に余熱をして一度冷ましておくようにしましょう。熱が上がってから食材を入れることで焦げ付きにくくなり、冷ましておくことで食材が焦げ付いてしまうのを防げます。

フライパンの冷まし方は、熱したフライパンを水で濡らした布巾に置いて、温度を下げるという方法が一般的です。ジューという音がしますが、問題はないのでそのまま冷ましてください。

日常のお手入れ

ステンレスフライパンを長く使い続けるためには、日常のお手入れが非常に重要です。使用したステンレスフライパンはすぐにむずにつけて汚れを落としましょう。

表面にコーティングが施されていないステンレスフライパンであれば、調理後温かい状態のまますぐに水につけても問題はありません。ステンレスフライパンを使用後も綺麗に保つことで、フライパンの寿命はより長くなるでしょう。

長持ちさせるためのコツ

ステンレスフライパンを長持ちさせるためのコツは、表面をできるだけ削らないようにするというものになります。表面が削れてしまうと削れてしまった部分に油や調味料などが入り込んでしまい、こげつけやこびりつきの原因となる可能性があります。

ステンレスフライパンに対して金属製の調理器具を使用してしまうと、表面に傷がつく可能性が高まるでしょう。

ステンレスフライパンを使用する際には、木製やゴム製などの調理器具を選定して使用するのがおすすめです。

最強のステンレスフライパンに関するよくある質問

セラミックフライパンの寿命に関するよくある質問と回答を紹介します。セラミックフライパンの購入を検討している場合はしっかり把握しておくのが良いでしょう。

以下の内容を参考にして、セラミックフライパンを購入するかどうか検討を進めてください。

  • ステンレスフライパンは何がよいのですか?
  • ステンレスフライパンの寿命は何年くらいですか?
  • ステンレスフライパンはどんな料理と相性が悪いですか?
  • ステンレスフライパンを空焼きするとどうなる?


ステンレスフライパンは何がよいのですか?

ステンレスのフライパンはサビや汚れに強く手入れが簡単という点が良いと言われている理由の一つになります。ステンレスフライパンを使用する際に難しいお手入れなどが必要ないので、調理初心者でも問題なく扱えます。

ステンレスフライパンは非常に丈夫なので、半永久的に長年使い続けられるでしょう。また、ステンレスフライパンは保温性が高いので長く高温が維持できます。じっくり温めるような調理を好む人にもおすすめです。

ステンレスフライパンの寿命は何年くらいですか?

ステンレスは金属の中でもサビにくく非常に丈夫なので、他の素材のフライパンよりも長く使い続けられます。ステンレスフライパンの寿命はおよそ10年程度といわれているため、買い替えの機会はかなり少なく済むでしょう。

フライパンを購入した時の状態を長く維持したい、購入したフライパンをできるだけ長く使い続けたいという場合にはステンレスフライパンを選択するのがおすすめです。

ステンレスフライパンはどんな料理と相性が悪いですか?

ステンレスフライパンと相性が悪い料理は、タンパク質とでんぷんを含むものになります。タンパク質とでんぷんを含む食材を調理する場合は、通常よりも多く油を使用した上で調理を進めてください。

相性が悪い食材は存在しているものの、油を多く使用するなどの工夫で問題なく調理できます。ステンレスフライパンを購入する場合は、苦手とする食材や料理を事前に確認しておきましょう。

ステンレスフライパンを空焼きするとどうなる?

ステンレスのフライパンを空焚きすると、フライパンの表面にダメージを与えてしまう可能性があります。ステンレスフライパンの調理面に食材がこびりつきやすくなる、焦げ付きやすくなるなどの影響を受けてしまうので注意しなければなりません。

ステンレスのフライパンで調理する前に余熱しすぎた結果、空焼きになるケースがかなり多いので、余熱のしすぎには十分注意してください。

まとめ

ステンレスフライパンは他の素材で作られたフライパンよりも頑丈で、長く使い続けられる人気のフライパンです。数あるステンレスフライパンの中でも特におすすめのフライパンと選び方を事前に知っておくことで、自分にとって最適なアイテムを選定できます。

自分にとって最適なフライパンを適切に選ぶことで、より高い満足感が得られるでしょう。

ステンレスフライパンが最強だと言われている理由や選び方、おすすめのアイテムを理解した上でステンレスフライパン購入の検討を進めてください。

ブログに戻る

おすすめ商品