どうする?ステンレスフライパンのお手入れ

どうする?ステンレスフライパンのお手入れ

kübellのフライパンをお使いのお客様から「ステンレスフライパンのお手入れはどうすればいいの?」と相談をもらうことがあります。

テフロン加工のフライパンはたわしで擦ってはいけないことはよく知られていますが、ステンレスの扱い方はあまり馴染みがないですよね?今回はステンレスフライパンのお手入れ方法についてご紹介いたします。

Q1. 普段のお手入れはなにをすればいいですか?

A1.


使用後のフライパンはそのまま放置せず、スポンジに中性洗剤をつけてよく洗ってください。汚れが落ちにくい場合はナイロンたわし等を使用しても問題ありません。


Q. 焦げ付いてしまったときはどうすればいいですか?

A2-1. 軽い焦げの場合

フライパンにお湯を沸かして温め、焦げを取りやすい状態にします。その後中性洗剤で洗うとキレイになります。

A2-2. しつごい焦げの場合


焦げが被る程度の水と大さじ1杯程度の重曹を入れ、15分沸騰させます。火を止めて水ですすいでからスポンジで擦ると焦げが落ちます。
一度で落ちない場合は数回繰り返してください。

※沸騰するとモコモコと泡が立ちますが、そのまま加熱してください。

Q3. フライパンが虹色に変色してしまいました。/ 白い斑点がついてしまいました。

A3.


フライパンに水とお酢やクエン酸を入れ数分間沸騰させます。お湯を捨て中性洗剤でよく拭き取り乾燥させてください。

※虹色の変色はステンレス表面の酸化被膜が変色したもの。
白い斑点は水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが底に沈殿したもので、どちらも人体に害はありません。

Q4. 油慣らしはいらないのですか?

A4.

ステンレスの場合油慣らしは不要です。油慣らしとは保管の際に金属が錆びないよう油(サラダ油やオリーブオイルが一般的)を全面に塗ることを言います。鉄フライパンなど錆びやすい金属の場合は必須ですが、ステンレスは金属の中でも錆びにくい素材ですのでそのまま保管いただけます。

ブログに戻る