ステンレス鍋を一生モノにするために、やってはいけないこと5選!

ステンレス鍋を一生モノにするために、やってはいけないこと5選!

使い勝手が良く、魔法の鍋と言われている「ステンレス鍋」。毎日使う調理器具は、綺麗に長持ちさせたいですよね。


実は、ステンレス鍋を使用する上でやってはいけないことがあるのですが、意外と知らない人も多いのではないでしょうか。正しく使用しないと寿命が短くなってしまい、傷むたびに買い替えが必要になってしまいます。お財布にも優しくないので、できるだけ避けたいですよね。


この記事ではステンレス鍋を使用する上での、やってはいけないことについて詳しく解説します。どれも簡単な項目なので、正しい使い方の知識をつけ、あなたのステンレス鍋をずっと愛用できる一生モノのお鍋にしましょう。ぜひ、最後までお読みください。



ステンレス鍋ってどんな鍋?

まず「Stainless(ステンレス)」という意味ですが、汚れのない・サビない・シミの付かないという意味があります。ステンレス鍋は、アルミ鍋や鉄鍋などの他の素材の鍋と比べて、保温性が高いです。つまり、一度温まると熱が逃げにくいので、煮込み料理などの長時間の調理に最も適しています。

また、汚れを取るのが簡単で、お手入れがしやすいのも嬉しいポイントです。そしてサビにくく、比較的丈夫な鍋です。焦げを落とす際に、金属たわしや金属のヘラを使用しても全く問題ありません。

空焚きでの調理も可能なので、使い勝手の良い、素晴らしいお鍋です。



ステンレス鍋を正しく使うために、やってはいけないこと5選!

さっそく、ステンレス鍋を使用する上でやってはいけないことを5つ解説していきます。一度覚えてしまえば難しくはないので、ステンレス鍋の購入を検討している方や、あらためて正しい使い方を知りたい方はぜひ参考にしてください。



①鍋底を急に冷やす

まずひとつめは鍋の底を急に冷やすことです。よく見ると、ステンレス鍋の鍋底は1センチ程の厚みがあります。その厚みがあることで、熱がゆっくりと丁寧に伝わるので、焦げを防止してくれる役割があるのです。この構造は全メーカー共通になっています。

その鍋底を急激に冷やしてしまうと、突然の温度差で外れてしまう可能性があるので、絶対にやめましょう。また、鍋底が外れたときは、保証の対象外になってしまうので特に注意が必要です。

急激な温度差を何度も繰り返すと金属疲労でゆがんでくるので、IHに対応しづらくなりやむを得ず買い替えることになってしまいます。

急速に冷やしたい場合は、必ず内側に水を入れましょう。そうすることで鍋底が外れてしまう心配もなくなり、鍋の中の汚れも綺麗に取れるので50年先まで使えるようになります。


 ②お鍋を落とす

ステンレス鍋を背の高さくらいから床に落としたり、外に持って行く際に、コンクリートなどの硬い地面に落としてしまうと、高確率で鍋底がへこんでしまいます。移動させる際は、落とさないように両手でしっかりと取っ手を掴んで運びましょう。

万が一落としてしまったからといって完全に使えなくなるわけではありませんが、形が悪くなってしまったり、IHに反応しづらくなってしまうので気をつけましょう。

また、軽量のフライパンなどと比べるとかなり重さがあります。地面に落としてしまうと、床がへこんでしまったり、足の指を怪我したりすることもあるので、持ち運ぶときや洗うときは特に注意が必要です。



③強火で調理をする

 

ステンレス鍋を一気に強火にかけて調理すると、表面ばかりが熱されてしまうので、外側の焦げ付きの原因になります。ステンレス鍋は層が何枚も重なっていて、焦げやすさをカバーしてくれる分厚い構造になっています。強火だと調理が早く終わりそうな気もしますが、鍋を長持ちさせるためにも、強火での調理は絶対に避けましょう。

まずは中火で、小さい鍋なら3分、大きい鍋なら5分程度、中には何も入れず鍋だけ加熱する空焚きを行うと、中心に熱が蓄えられるので、ステンレス鍋に負担をかけることなく熱の力で調理できます。

また、強火で小さい鍋を使用する際は取っ手部分が燃えてしまう可能性もあるので、取り扱いには十分気をつけましょう。取っ手部分だけの買い替えは可能ですが、1000〜2000円程かかります。

④梅干しを漬ける 


梅干しに限らず、塩分が多く含まれるものの長期保存はやめましょう。ステンレス鍋の特徴として、サビないという点が上げられますが、塩分がずっと触れている状態になるとステンレス鍋でさえ負けてしまいます。1週間ぐらいでしたら多少問題はありません。しかし、1〜2年の単位になってしまうとステンレスも負けてしまい、鍋底の内側が侵食して、サビて穴が空いてしまうことがあります。梅干しはもちろん、味噌や醤油などの塩分が多く含まれるものの長期保存は避けましょう。

また、塩分が多いものを使用して調理した後も、付着したままだとサビの原因になってしまうので、すぐに洗浄して取り除きましょう。


⑤お鍋を捨てる

ステンレス鍋が焦げ付いてしまったから、重いから、収納場所に困るから、という理由で捨ててしまうのはかなりもったいないです。汚れがついて捨てたくなる前に、使用後は汚れを綺麗に落とし、洗い残しがないようにしましょう。ステンレス鍋を収納する際は、湿気の多いところを避けて水気をしっかり拭き取ってから収納することで、サビを防げます。

焦げ付きの原因になるので、あまりオススメはできませんが、どうしても強火で調理をしたい場合は、油をたっぷり入れましょう。ステンレス鍋は化学変化が起こらないので、多量の油を使っても安心して調理できますし、最低限の焦げ対策にもなります。


まとめ

いかがでしたか?今回はステンレス鍋を使う上で、知らないと損することを5つ紹介させていただきました。まとめると以下の5つになります。

①鍋底を急に冷やす

②お鍋を落とす

③強火で調理をする

④梅干しを漬ける

⑤お鍋を捨てる


元々丈夫で長持ちするステンレス鍋は、少し気を使うだけで長期的に使うことができます。今回ご紹介した5つをぜひ参考にしてみてください。快適に調理できますし、なにより料理も美味しく仕上がります。正しい使い方で、ステンレス鍋を一生モノの鍋にしましょう。

さらに、お鍋だけでなくフライパンもステンレス素材のものを使うことで一生もののキッチンウェアを揃えることができます。

 

ブログに戻る