取っ手が取れるステンレスフライパンの特徴は?|メリットデメリットまで詳細解説

取っ手が取れるステンレスフライパンの特徴は?|メリットデメリットまで詳細解説

「取っ手が取れるステンレスフライパンはあるのかな」

「取っ手が取れるステンレスフライパンのメリットとデメリットを知りたい」

取っ手が取れるステンレスフライパンを購入したいと考えているものの、どんな特徴があるのかわからずに検討が進まないという人は多くいます。

取っ手が取れるステンレスフライパンの特徴を知ることで、より検討が進めやすくなるでしょう。

今回は、ステンレスフライパンの特徴を紹介します。取っ手が取れるステンレスフライパンのメリットやデメリットも合わせて紹介しているので、参考にしてください。


取っ手が取れるステンレス製フライパンの特徴

取っ手が取れるステンレスフライパンは非常に便利なアイテムですが、取っ手が取れるステンレスフライパンの特徴をあまり理解しないまま、購入の検討を進めてしまうのはおすすめできません。

取っ手が取れるステンレスフライパンの特徴を知らないまま購入してしまうと、購入した後に後悔してしまう可能性があるので、注意が必要です。

取っ手が取れるステンレスフライパンの特徴をしっかり理解することで、自分の使い勝手や条件に合致するアイテムなのか確認しやすくなるでしょう。

ここでは、取っ手が取れるステンレスフライパンの特徴を詳細にまとめています。

取っ手が取れるステンレスフライパンの購入を検討している人は、以下の内容を参考にしてください。


  • 収納しやすい
  • 取っ手が熱くならない
  • 手入れがラク
  • そのままテーブルに出せる

収納しやすい

ステンレスフライパンが欲しいと考えても、自宅のキッチンに収納できるスペースがないから購入を諦めてしまったという人は少なくありません。

しかし、取っ手が取れるステンレスフライパンは重ねて収納できるので、収納スペースをかなり節約できます。

取っ手が取れるフライパン同士で重ねられるのはもちろん、お皿と重ねることもできます。

少ないスペースで収納できるのでキッチンの収納スペースが大きくない、もしくはできるだけ収納しやすいフライパンを探しているという人に最適だといえるでしょう。


取っ手が熱くならない

ステンレスフライパンは熱伝導が非常に良いアイテムなので、取っ手部分まで熱くなってしまって火傷してしまったという人も少なくありません。

しかし、取っ手が取れるステンレスフライパンは取っ手と実際に加熱する部分が離れているので、取っ手が熱くなりにくいという特徴があります。

火傷しないための鍋つかみを用意する、タオルを巻くなどの準備が必要なくなるので、すぐに調理を始められるでしょう。

火傷せずに安全にステンレスフライパンで調理したいと考えている人は、取っ手が取れるステンレスフライパンを検討するのがおすすめです。

手入れがラク

取っ手が取れるステンレスフライパンは取っ手が取り外せるので、後片付けが非常に簡単に済みます。取っ手部分をステンレスフライパンから取り外すことで、お皿のように洗えるようになるのでシンクが狭い場合でも問題なく洗えるでしょう。

取っ手部分は油汚れなどがつきにくい部分なので、濡れた布巾で軽く拭き取る程度で問題ありません。

取っ手が取れるステンレスフライパンはお手入れに時間をかけたくない、また面倒なお手入れを避けたいと考えている人におすすめです。

そのままテーブルに出せる

取っ手が取れるステンレスフライパンはフライパン本体と取っ手を離せるので、そのまま食卓に並べられます。

取っ手を外せるので、テーブルにそのまま並べた場合もあまりスペースを取らず、大皿料理として最低限のスペースで配置できるでしょう。

フライパンに料理が入った状態のまま食卓に並べるので、余分に食器を使用する必要もありません。洗い物が減るので、食後の後片付けが非常に楽になります。

出来立てのものをフライパンに入れたまま出すと、より美味しそうに見えるのでパーティーなどの際にも非常に重宝します。


取っ手が取れるステンレスフライパンがあるメーカー3選

取っ手が取れるステンレスフライパンを扱っているメーカーはあまり多くありません。取っ手が取れるフッ素加工フライパンなどは多く見受けられますが、ステンレス製のものはまだあまり多くないでしょう。

そのため、取っ手が取れるステンレスフライパンが欲しいと考えても見つけられず諦めてしまう人も少なくありません。

ここでは、取っ手が取れるステンレスフライパンを扱っているメーカーを3つ紹介します。

取っ手が取れるステンレスフライパンの購入を検討している人は、以下で紹介しているメーカーを確認してみましょう。


  • T-fal(ティファール)
  • DOSHISHA(ドウシシャ)
  • Miyazaki Seisakusho(宮崎製作所)

 

T-fal(ティファール)

高い知名度を誇るキッチンメーカーのティファールには、取っ手が取れるステンレスフライパンが用意されています。インジニオ・ネオ IHステンレス・アンリミテッドという商品でティファール史上最高峰のこびりつきにくさを実現した商品で、高い耐久性を誇ります。

取っ手が取れるステンレスフライパンの購入を検討している人は、参考にしてください。

 

DOSHISHA(ドウシシャ)

DOSHISHA(ドウシシャは超人気商品のevercookを扱っている人気メーカーです。evercookは可愛らしいデザインと高い機能性で、知られている知名度が高いフライパンです。

そんなDOSHISHA(ドウシシャ)でも取っ手が取れるステンレスフライパンの取り扱いが確認できました。高い品質はもちろん、高いデザイン性のアイテムが欲しいという人におすすめです。


Miyazaki Seisakusho(宮崎製作所)

宮崎製作所は1960年に新潟県の燕市に誕生した歴史深い金属加工製作所です。金属加工で有名な燕市で金属加工に携わっている製作所なので、金属に関する知識と技術はかなり高いといえるでしょう。

宮崎製作所は高いクオリティのアイテムを数多く生み出しているので、リピーターとなる人も少なくありません。

そんな宮崎製作所でも取っ手が取れるステンレスフライパンの取り扱いが確認できます。高い品質のフライパンを長く使い続けたいと考えている人におすすめです。

 

取っ手が取れるステンレス製フライパンにはデメリットもある

取っ手が取れるステンレスフライパンにはメリットだけでなくデメリットも存在しています。購入を検討する際には、メリットだけでなくデメリットも確認しておかなくてはなりません。

ここでは、取っ手が取れるステンレスフライパンのデメリットを紹介します。以下の内容を確認し、取っ手が取れるステンレスフライパンのデメリットを確認してください。


  • 取っ手がグラつくときがある
  • 使い方に制限がある
  • 取っ手が洗いにくい
  • 取っ手が足りなくなる可能性がある(セット購入の場合)

取っ手がグラつくときがある

取り外しができる取っ手なので、取っ手が取れないタイプのものと比較するとぐらつくと感じてしまうかもしれません。フライパンにたくさん食材を入れた際に、取っ手が外れてしまうのではと不安になる人も少なくないでしょう。

とはいえ、正常に機能している取っ手が取れるステンレスフライパンの取っ手が調理中に外れてしまうということはほとんどありません。

ただし、ステンレスフライパンの取っ手が経年劣化で弱くなっている場合は急に外れてしまう可能性もあるので、使用する際には注意してください。

 

使い方に制限がある

取っ手が取れるステンレスフライパンは取手の取り外しが可能なので、使いたいと思ったタイミングで必ず取っ手をつけなくてはなりません。取っ手をつける手間が面倒だと感じてしまう人も少なくないでしょう。

また、取っ手とフライパン本体が触れている部分はかなり高温になります。そのため、調理中ずっと取っ手をつけたままの状態では、取手の接合部分が熱くなりすぎて故障してしまうかもしれません。

使い方に制限が生まれてしまうという点は、取っ手が取れるステンレスフライパンのデメリットだといえるでしょう。

 

取っ手が洗いにくい

取っ手はメーカーによって異なりますが、結合部分やボタン部分などの周辺に凹凸が多く洗いにくい場合がほとんどです。凹凸の大きさ次第ではスポンジが入らず水洗いしかできなかったというケースも少なくありません。

取っ手も綺麗に保ちたいという人にとっては大きなデメリットだといえるでしょう。

 

取っ手が足りなくなる可能性がある(セット購入の場合)

取っ手が取れるステンレスフライパンをセットで購入する場合、複数のフライパンや鍋に対して撮っては一つしか付属していないケースがほとんどでしょう。同時に複数のフライパンを使用する場合、取っ手を使い回さなければならなくなります。

調理しながら取っ手を外したりつけたりするので、少し手間がかかるといえるでしょう。

取手のつけ外しは意外と力が必要なので、面倒だと感じる人も少なくありません。セット購入を選択する場合は取っ手を使い回す、もしくは取っ手を買い足す必要があるので注意しましょう。

 

ステンレス製フライパンは取っ手付きの物の方がおすすめ

ステンレス製のフライパンは取っ手がついているものの方がおすすめです。着脱の手間がかからないので、スムーズに調理に取り掛かれるでしょう。

取っ手が取れずに洗えない、また故障してしまうなどのアクシデントに見舞われてしまう心配もありません。

中でもkübell (クーベル)のステンレスフライパンは高品質なので、非常におすすめです。kübell (クーベル)で扱われているステンレスフライパンは高品質なものばかりなので、半永久的に使えるフライパンが手に入るでしょう。

 

取っ手が取れるステンレス製フライパンに関するよくある質問

取っ手が取れるステンレスフライパンに関するよくある質問と回答を紹介します。取っ手が取れるステンレスフライパンの購入を検討している場合はしっかり把握しておくのが良いでしょう。

以下の内容を参考にして、取っ手が取れるステンレスフライパンを購入する際の参考にしてください。


  • 取っ手が取れるステンレスフライパンは熱くならない?
  • ステンレスフライパンのデメリットは?
  • ステンレスフライパンはすぐに焦げ付く?
  • ステンレス鍋でやってはいけないことは?

取っ手が取れるステンレスフライパンは熱くならない?

取っ手が取れるステンレス製のフライパンの取っ手は樹脂を使用したものがほとんどです。そのため、熱くなってしまう心配はほとんどないでしょう。

一般的なステンレスフライパンのように鍋つかみを用意する、もしくはタオルを巻きつけるなどの手間がかからないのでかなり重宝します。使いたいと思ったタイミングで、すぐに調理を開始できるでしょう。

ただし強火での調理、また長時間とってをつけたままの調理などのシーンでは熱くなってしまう可能性もあります。熱くなってきていると感じたら取り外して少し冷ますなど工夫をこらすのが良いでしょう。

 

ステンレスフライパンのデメリットは?

ステンレスのフライパンは熱しにくく冷めやすいという特徴を持っています。温まるまで時間がかかるので、調理をすぐに進めたいという場合に困ることがあるかもしれません。

ステンレスフライパンを使用する場合には、余熱の時間をしっかりと確保し十分フライパンを温めた上で調理を進めてください。

 

ステンレスフライパンはすぐに焦げ付く?

ステンレスフライパンは焦げ付いてしまうというイメージを持っている人は少なくありません。しかし、正しい使い方を知っていれば、焦げ付かずに上手く調理できるでしょう。

ステンレスフライパンが焦げ付かないようにするために、以下の点に注意する必要があります。

  • しっかり余熱を入れる
  • 食材から油が出るまで動かさない

上記の点に気を付けていれば、ステンレスフライパンでの調理でも焦げ付くことなく綺麗に仕上げられます。注意すべき点を気にかけながら、ステンレスフライパンをうまく使いこなしましょう。

 

ステンレス鍋でやってはいけないことは?

ステンレスの鍋でしていけないことは、急激な温度変化になります。フライパンの温度が急激に変わってしまうと、表面が変形したりひび割れたりする可能性があります。

熱したフライパンに冷たい水をかけるなどの行為はステンレスフライパンの寿命を大きく縮めてしまう可能性があるので、避けましょう。

冷たい状態の鍋に熱い食材を入れる行為も、ステンレスの鍋にダメージを与えてしまいます。急激な温度変化につながるような行為は避け、しっかりステンレス鍋の温度をならした上で使用しましょう。

 

まとめ

取っ手が取れるステンレスフライパンは非常に便利なので、購入を検討している人は少なくありません。

フライパンの取っ手が取り外せることで、収納スペースの節約に繋がり、フライパンに料理を入れた状態でテーブルに出せるようになります。

とはいえ、取っ手が取れるステンレスフライパンは取っ手部分が洗いにくい、取っ手がぐらつく時があるなどのデメリットも存在しています。

取っ手が取れるステンレスフライパンのメリットとデメリットの両方を理解した上で、購入するかどうかを検討してください。

ブログに戻る

おすすめ商品