セラミックフライパンは危険性が高くて使用NG?安全性とメリットデメリット

セラミックフライパンは危険性が高くて使用NG?安全性とメリットデメリット

「セラミックフライパンは危険なの?」

「セラミックフライパンの安全性やメリット、デメリットを知りたい」

セラミックフライパンの購入を検討しているものの、危険性が気になって購入できずにいるという人は少なくありません。セラミックフライパンは焦げ付きにくく便利ですが、危険性が高いのであれば他のものを選択するという人も少なくないでしょう。

今回はセラミックフライパンの危険性と安全性、メリットとデメリットについてを紹介します。セラミックフライパンの購入を検討している人は、参考にしてください。

また、安全性が高いフライパンをご検討の場合はクーベルのステンレスフライパンをご検討ください。

ステンレスは温まりにくく冷めにくい素材なので、食材を入れたあとも温度が下がりにくいという特徴を持っています。加えて、予熱を行うことによって油分を多く含む肉や魚などの食材は無油調理を行うことも可能で、余分な油とカロリーを抑えた健康に良いヘルシーな料理が楽しめます。

ぜひこの機会に、一生モノのフライパンをお手に取ってみてください。


セラミックフライパンの特徴と安全性比較

セラミックフライパンの特徴と安全性を紹介します。セラミックフライパンの特徴をしっかり把握した上で、購入するかどうか検討を進めるのが良いでしょう。

以下の内容を確認して、セラミックフライパンの特徴と安全性を理解してください。


  • セラミック素材の特徴
  • 安全性の根拠
  • フッ素フライパンとの比較

セラミック素材の特徴

セラミック素材は耐熱性が高く、400℃まで加熱しても有害物質が出てしまうことはありません。セラミック素材は摩耗に強い素材なので、高い強度を求めている人におすすめです。

傷がつきやすい調理器具を使用した場合でもフライパンに傷がつきにくく、長く使い続けられるでしょう。

また、セラミックは熱伝導率が高い素材なので、すぐにフライパンの温度が高くなります。フライパンの温度が高くなるまでの時間が短いので、調理時間の短縮が可能で忙しい時でも効率的に調理を進められるでしょう。


安全性の根拠

セラミックコーティングはPFASやPTFTを使用せずに作られています。PFASとPTFTはどちらも人体への影響が指摘されている有害物質なので、セラミックコーティングの安全性はかなり高いといえるでしょう。

加熱時に有害な物質が出てしまうフライパンは数多く存在していますが、セラミックコーティングのフライパンは加熱した際に有害物質が出てしまう心配がないので、安心して利用し続けられます。

セラミック素材のフライパンは安全性を重視してフライパンを選択したいという人におすすめです。


フッ素フライパンとの比較

フッ素フライパンとセラミックフライパンには以下の違いがあります。


セラミックフライパン

フッ素フライパン

耐久性

強い

弱い

非粘着性

弱い

強い

耐熱性

400℃

250℃

表面

傷がつきにくい

傷がつきやすい


耐久性が高く耐熱性も高いので、フッ素フライパンよりもセラミックフライパンのほうが強度が高く頑丈だといえるでしょう。

ただし、非粘着性の面に関してはセラミックフライパンよりもフッ素加工フライパンの方が高い傾向にあります。セラミックフライパンを使用する場合は、油を使用するなどの工夫が必要になるでしょう。


セラミックフライパンを利用するメリット

セラミックフライパンを利用するメリットを紹介します。セラミックフライパンの購入を検討する際には、どんなメリットがあるのか事前に確認しておくのが良いでしょう。

以下の内容を参考にして、セラミックフライパンの メリットをしっかり把握してください。

  • 熱伝導性が高い
  • 遠赤外線効果が高い
  • 磨耗に強い
  • 油を塗ることで焦げ付きが予防できる
  • 洗浄性が高い

熱伝導性が高い

セラミックフライパンはかなり熱伝導性が高く作られています。一般的なフライパンよりも熱くなるまでの時間が短いので、調理時間の大幅な短縮につながるでしょう。

また、フライパンがすぐに温まるので隅々まですぐに温まります。セラミックフライパンの隅に食材をおいてもしっかり火が通るでしょう。

また、セラミックフライパンは熱伝導性が高いので、強火ではなく中火程度の加熱で十分なケースがほとんどです。火力を高めすぎなくてもフライパンがしっかり温まるので、ガス代の節約にもつながるでしょう。

 

遠赤外線効果が高い

セラミックフライパンは遠赤外線効果が得られるフライパンです。短い調理時間で食材を内側から温め、芯までしっかり火が通ります。

遠赤外線効果が得られるフライパンは、他にはあまりありません。セラミックフライパンは遠赤外線効果が発揮できるフライパンを探している人に最適だといえるでしょう。

遠赤外線効果でお肉は水分を保ったままジューシーに、野菜はみずみずしいまま歯ごたえを残して美味しく仕上げられます。焼きムラが生じにくい素材なので、料理が苦手な人にもおすすめです。


磨耗に強い

フライパンは摩耗に強いものを選択するのがおすすめです。摩耗に強いフライパンは快適に長く使い続けられるので、コストパフォーマンスが良くなる傾向にあるといえるでしょう。

セラミックフライパンは摩耗に強い傾向にあります。硬い調理器具でフライパンを擦った場合でも傷がつきにくく、長く使い続けられるでしょう。

セラミックフライパンは摩耗に強いため、購入したばかりの快適な使用感が長く続きます。セラミックフライパンは少しでも長くフライパンを使い続けたいという人におすすめです。


油を塗ることで焦げ付きが予防できる

セラミックフライパンはフッ素加工などの一般的なフライパンと比較すると、非粘着性が弱い傾向にあります。そのため、油を使用しないまま調理すると、焦げ付いてしまう可能性があります。

セラミックフライパンを使用する際は、油をしっかり塗るように意識しましょう。油をしっかり塗ることで食材が滑りやすくなり、焦げ付きを予防できます。

セラミックフライパンには焦げ付き防止の加工が施されているので、使用する油の量は少量で問題ありません。ヘルシーな調理を心がけている人でも問題はないといえるでしょう。

 

洗浄性が高い

セラミックフライパンは他の素材のフライパンよりも洗浄性が高い傾向にあります。フライパンが汚れてしまった場合でも汚れが落ちやすいので、かなり扱いやすいといえるでしょう。

セラミックフライパンは洗浄性が高いので強く擦って洗う必要はありません。フライパンを傷めることなく綺麗に洗えるので、より長く使い続けられます。

また、セラミックフライパンは食洗機に対応しているものも多いので、食洗機ユーザーにも最適です。簡単に汚れが落とせるので、扱いが簡単なフライパンを選択したいという人にも最適だといえるでしょう。


セラミックフライパンを利用するデメリット

セラミックフライパンを利用するデメリットを紹介します。フライパンを検討する際にはメリットだけでなくデメリットも把握しておくのが良いでしょう。

以下で紹介している内容を参考にして、セラミックフライパンを購入するのか検討を進めてください。

  • 強火に弱い
  • 金属製のヘラが使用できない
  • テフロンフライパンより重い

強火に弱い

セラミックコーティングは強火に弱いというデメリットがあります。強火で調理した場合、コーティングが剥がれやすくなってしまうので注意しなければなりません。

コーティングが剥がれてしまうとセラミックフライパンとしての機能が大きく損なわれるので、セラミックフライパン本来の機能を発揮できなくなるでしょう。

セラミックフライパンは熱伝導率が高いので、中火程度でも十分加熱できます。セラミックフライパンを使用する場合は、強くても中火程度になるように意識する必要があると理解しましょう。


金属製のヘラが使用できない

セラミックフライパンの基材はアルミニウムなので、金属製のヘラを使用するとコーティングが剥がれてしまう可能性があります。コーティングが剥がれてしまうと、セラミックフライパンの機能が発揮できなくなるので、注意しなければなりません。

金属の調理器具はデザイン性が高いので好まれやすいですが、セラミックフライパンとの相性はあまり良くないといえるでしょう。

セラミックフライパンを長く快適に使い続けるためには、木製やシリコンの調理器具がおすすめです。セラミックフライパンの表面を傷つけにくいので、パフォーマンスがより長く発揮できるでしょう。

テフロンフライパンより重い

セラミックのフライパンはテフロンフライパンよりも重たい傾向にあります。フライパンそのものが重たいので、食材を入れて調理しているとかなりの重さになる場合もあります。重たいフライパンを振り続けると手首に負荷がかかりすぎてしまい痛めてしまう可能性があります。

力に自信がない人は、両手でフライパンを持つなどの対策が必要になるでしょう。また、セラミックフライパンの中には軽量モデルのものもあります。

セラミックフライパンの重さが気になるという場合には、軽量型のモデルを選択するのがおすすめです。

危険性の低い、便利なフライパンを選ぶ際のポイント

危険性の低い、便利なフライパンを選ぶ際のポイントを紹介します。ポイントを知っておくことで、自分の条件に合っているフライパンを適切に選択できるでしょう。

以下の内容を参考にして、危険性の低い、便利なフライパンを選定してください。

  • 素材の種類で選ぶ
  • デザインで選ぶ
  • 重量・持ちやすさで選ぶ

素材の種類で選ぶ

セラミックやフッ素コーティングが施されているものはもちろん、ステンレスや鉄のフライパンなど様々な種類があります。

フライパンに使われている素材の特徴を把握した上で検討を進めるのが良いでしょう。

様々な素材の中で特におすすめなのが、ステンレスのフライパンです。見た目が美しいのはもちろん、非常に頑丈に作られているので、半永久的に使用できるでしょう。

ステンレスのフライパンの中で特におすすめなのがkübell (クーベル)のステンレスフライパンです。ステンレスのフライパンを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

デザインで選ぶ

フライパンには様々なデザインがあります。大きさや深さはもちろん、色味もかなり様々だといえるでしょう。用途に合わせて最適なものを選択するのが非常に重要です。

フライパンを壁にかけて収納する場合などは、キッチンの雰囲気に合っているかどうかも考えて検討を進めるのが良いでしょう。

特に取っ手が外せるフライパンは重ねて少ないスペースに収納できるので、かなり人気があります。

収納スペースを省略できるので、キッチンの収納スペースに余裕がない場合でも安心できるでしょう。


重量・持ちやすさで選ぶ

フライパンは重量や持ちやすさがそれぞれ異なります。重たすぎるフライパンは扱いが難しく、特に力に自信がないという人は避けておくのが良いでしょう。

重たいフライパンを無理に使い続けると手首を痛めてしまう可能性があるので注意しなければなりません。

特に調理に慣れていない人は、重たすぎる扱いにくいフライパンは避けておくのがおすすめです。重たいフライパンはコーティングが厚く耐久性が高いですが、扱いに関しては注意しなければなりません。

また持ちやすいフライパンを選択すると、調理がより快適になります。取っ手の部分が持ちやすいかどうか確認した上で購入してください。


セラミックフライパンの危険性に関するよくある質問

セラミックフライパンの危険性に関するよくある質問と回答を紹介します。セラミックフライパンの購入を検討している場合はしっかり把握しておくのが良いでしょう。

以下の内容を参考にして、セラミックフライパン購入の検討を進めてください。


  • セラミックフライパンは人体に影響しますか?
  • フライパンはセラミックとフッ素のどちらがいいですか?
  • セラミックフライパンの注意点は?

セラミックフライパンは人体に影響しますか?

セラミックのフライパンは人体に影響を及ぼしません。熱しすぎると有害物質が発生してしまうフライパンもありますが、セラミックフライパンの場合は心配ないでしょう。

有害物質が出ないフライパンなので、安心して使用できます。

とはいえ、熱しすぎてしまうとセラミック加工が取れてしまう可能性があります。有害物質が出る心配はないものの、セラミックが少しでも長く使えるように中火程度の火力に抑えておきましょう。

 

フライパンはセラミックとフッ素のどちらがいいですか?

セラミックフライパンはフッ素加工のフライパンよりも安全な傾向にあります。熱しすぎても有害物質が出ないのはもちろん、汚れが染み付いて焦げ付きの原因になることもないので、食材を入れたままにしておいても問題はありません。

注意すべき点が他のフライパンよりも少ないので、フライパンの扱いに慣れていない人でも問題なく使いこなせるでしょう。

安全に安心して調理したいという人にはフッ素加工のフライパンよりもセラミックコーティングが施されたフライパンの方がおすすめです。

 

セラミックフライパンの注意点は?

セラミックフライパンに食材が焦げ付かないようにするために、油を必ずひくように心がけましょう。セラミックフライパンに食材がこびりつくのを防いでくれるので、フライパンの機能を損なうことなく長く使い続けられます。

また、調理する際の温度は中火程度を意識しましょう。フライパン表面のセラミックコーティングが剥がれてしまうので、強い火力で加熱するのはできるだけ避けてください。

 

まとめ

セラミックフライパンは危険が少なく非常に安全なフライパンです。安全性を重視してフライパンを選択したいという人に非常におすすめだといえるでしょう。

とはいえ、セラミックフライパンにはメリットだけでなくデメリットも存在しています。メリットだけでなくデメリットも把握した上で、購入するかどうか判断しなければなりません。

自分の用途に合っているフライパンがセラミックフライパンなのかどうかを、しっかり確認しておくのが非常に重要です。セラミックフライパンの詳細をしっかり確認し、購入を検討してください。

ブログに戻る

おすすめ商品